フェルスタッペン 「ヒュルケンベルグは良いチームメイトになると思う」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のチームのドライバー候補に挙げられているニコ・ヒュルケンベルグは“良いチームメイトになるだろう”と語る。

現在のチームメイトであるアレクサンダー・アルボンは、今年期待されたパフォーマンスを発揮することができていないが、これまでレッドブルF1上層部は一貫してアルボンをサポートするという姿勢を繰り返してきた。

しかし、最近ではヘルムート・マルコのニュアンスにも変化が出てきており、アレクサンダー・アルボンが“期待に応えられない”場合には“チーム外に目を向ける”必要があるかもしれないと認めている。

ヘルムート・マルコは、特にニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスの名前を挙げ、マックス・フェルスタッペンの姉妹カーによってさらに強くプッシュできることはチャンピオンシップ争いの助けになると考えている。

「来年の我々の目標はチャンピオンシップのために戦うことだ」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語った。

「フェルスタッペンがプッシュされていないことを理解している場合、マシンの限界がどのようなものかを知る必要がある」

F1ポルトガルGPでニコ・ヒュルケンベルグ加入の噂についてコメントを求められたマックス・フェルスタッペンは「それは僕の問題ではない。それについて答えることに意味はないと思う」と当初は発言を躊躇していた。

しかし、ドイツの RTL のカリスマ的な性格であるカイ・エベルとのインタビューではオープンになり、より詳細を語った。

マックス・フェルスタッペンは「当然ながら、それについてはあまり言えない」と主張した。

「でも、ニコは素晴らしいドライバーだ。ニュルブルクリンクで達成したことは非常に良かった。彼は良いチームメイトになると思う。でも、念を押すけど、それはが決めることではない」

一方、メルセデスは現在2020年マシンの開発を中止したが、マックス・フェルスタッペンは今年プッシュし続けるというレッドブルの決定を支持していると述べた。

「来年はそれほど多くのことをすることができないし、弱点を取り除くことが非常に重要であるため、今年のマシンをもっとよく知ることがより重要だと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「メルセデスで機能することが、必ずしも僕たちにとって正しいというわけではない。僕たちは間違いなく進み続けるし、来年になれば僕たち全員がどこに立っているかがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ニコ・ヒュルケンベルグ