F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、夏休みを利用してガールフレンドのディラーラ・サンリクとアメリカ旅行を満喫している。

マックス・フェルスタッペンは、2017年末からドイツ出身の学生とされるディラーラ・サンリクと交際を開始。最近のグランプリではパドックでも彼女の姿を見かけることができる。

マックス・フェルスタッペンは、自身のInstagramで写真を公開。ハリウッドやバーナル滝での観光を楽しんでいるようだ。

夏休み前、マックス・フェルスタッペンは、シムレースは控えるつもりだと冗談で語っていた。

「洋服の代わりに詰め込むことはできたかもしれないけど、そういう選択肢はないと思う。シムレースのデトックをするつもりだよ」

マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPからアレクサンダー・アルボンを新たなチームメイトとして迎える。

カート時代からピエール・ガスリーのこともアレクサンダー・アルボンのことも知っているマックス・フェルスタッペンは、ガスリーにとっては残念のことだと認めつつも、誰がチームメイトであるかは気にならないと主張する。

「もちろん、ピエールにとっては残念なことだけど、個人的には誰がチームメイトであろうと気にしない」とマックス・フェルスタッペンは Telegraaf にコメント。

「重要なのは、僕たちは他のクルマよりも良いパフォーマンスを発揮し、チームのためにより多くのポイントを獲得することだ」

関連:特集 | F1ドライバーのガールフレンド&パートナー - 2018年7月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1