F1 マックス・フェルスタッペン エステバン・オコン
マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPでのエステバン・オコンとの騒動は、計量エリアでのオコンのふざけた反応と態度によって引き起こされたと語った。

マックス・フェルスタッペンは、レース中に衝突事故を起こしたエステバン・オコンを計量エリアで突き飛ばしたことで2日間の社会貢献活動を命じられている。

オランダのテレビ番組 Ziggo Sport に出演したマックス・フェルスタッペンは、当初エステバン・オコンと話しをした際には突き飛ばすことなど考えていなかったと語った。

エステバン・オコンとのレース後の騒動について聞かれたマックス・フェルスタッペンは「後から話すのはいつだって簡単なことだ」とコメント。

「僕は彼を探して、『何が起こったのか、どうしてこのようなことが起こったのか』と聞きたいだけだった」

「でも、彼はすぐに『僕の方が君よりも速かった』と答えた。このように笑顔を浮かべながらね」

「メカニックのためにもできる限りポジションにいようと努めていたけど、もちろん、この2位は正しいとは感じていない」

「その後、あのように起こったことについて謝罪すらせず、まったく逆の対応をする彼のような人にあった」

エステバン・オコンは2014年のヨーロッパF3選手権でのクラッシュの仕返しをしたかもしれないと考えたかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「いいや。実際、彼はF1ではまったく競争相手ではない」とコメント。

「僕は集中しなければならない人にだけ集中しているし、同じように優れたマテリアルを持ったドライバーを倒そうとしている」

関連:【動画】 マックス・フェルスタッペン、接触のオコンに激怒して暴力行為

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | F1ブラジルGP | エステバン・オコン