F1 マックス・フェルスタッペン オランダGP
リバティメディアは、オランダのザントフォールトにF1オランダGP開催をオファーしており、2020年までにF1オランダGPが復活する可能性があると報じられている。

近年、オランダ出身のマックス・フェルスタッペンの人気は凄まじく、多くのグランプリでグランドスタンドがオランダのナショナルカラーであるオレンジ色に染まっている。

オランダの De Telegraaf によると、リバティメディアは、ザントフォールトに2000万ユーロ(約25億7000万円)のF1オランダGP開催契約を正式にオファーしたと報道。開催料に加えて、全体の運営費を3000万ユーロ(約38億7000万円)と見積もっている

ザントフォールトの所有者であるバーナード・ファン・オラニエ王子は、30年ぶりにF1オランダGPが復活する可能性を示唆いしている。

「我々が今サインをすれば、オランダは2020年に再びグランプリを開催することになる」とバーナード・ファン・オラニエ王子はコメント。

「マックス・フェルスタッペンの存在もあり、我々全員がこれが唯一無二のチャンスであることをよくわかっている」

ザントフォールトではF1が30回開催されており、最後のレースとなった1985年ではニキ・ラウダが優勝している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | リバティ・メディア | F1オランダGP