ストフェル・ヴァンドーン、インディカーをマクラーレンでテスト
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンは、今後のインディカー参戦を見据えた評価プログラムの一環として、アロー・マクラーレンSPでテストを実施する。

2022年もパトリシオ・オワードとフェリックス・ローゼンクヴィストを起用するアロー・マクラーレンSPは、2023年に3台目をフルタイムでエントリーする前に、シーズン後半の選択されたイベントで3台目のマシンを走らせることを計画している。

今週月曜日には元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグが、バーバー・モータースポーツ・パークでのアロー・マクラーレンGPのインディカーをテスト。チームはストフェル・ヴァンドーンが、将来のある時点でインディカーを候補として検討するための機会を提供する。

アロー・マクラーレンSPのテイラー・キール社長は「23年に3台のチームになることを目指していると公言してきたし、22年は橋渡しの年と見なしている」と RACER に語った。

「したがって、現時点では何も約束してないが、すべてのオプションを同時に評価している」

「したがって、理想的なシナリオでは、3台のマシンでできる限り多くのレースを実行することだ。だが、繰り返しになるが、人員とドライバーの観点から適切にフィットしなければならない。経済的なことはモチベーションではない。これにより、意思決定に多くの柔軟性がもたらされる」

タイラー・キールは、アロー・マクラーンSPの3台目のマシンの計画は、フォーミュラEに移行する前に2017年と2018年にマクラーレンF1でレースをしたストフェル・ヴァンドールンのように、F1パドックで才能をアメリカで発揮することを考えている人々の間でかなりの関心を集めていると語る。

「多くの関心が寄せられており、我々のドアをノックしている人はたくさんいるが、我々はそれに休まず働き続け、我々のプログラムに最適なものを見つけ出していく」とテイラー・キールは語った。

「F1の関心があるのは確かであり、我々のファミリーをF1パドックに連れていくこともそれに役立つと思う」

「ストッフェルはもちろんチームとつながりを持っており、リザーブドライバーとしてチームに積極的に関わっている。したがって、ある意味で頭を悩ます必要のないことだった。我々は彼と何か試してみようと思っている」

「彼は確かに才能のあるレースドライバーだが、我々は世界中の人々に手を差し伸べてきた」

「今はエキサイティングな時期です。チームおよび組織としての我々にとって、それは現在取り組んでいる成長軌道にすぎない。消化することがたくさんあり、検討することはたくさんあるが、エキサイティングな見通しがたくさんあるのは確かだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ストフェル・バンドーン / マクラーレン / インディカー