ストフェル・バンドーン F1 マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)は、F1中国GPの決勝レースをマシントラブルでリタイアした。

グリッドが1つ繰り上がり、15番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーンは、インターミディエイトからソフトタイヤに交換してしばらく15番手を走行していた。

しかし、18周目に緊急ピットイン。そのままガレージに入り、リタイアとなった。

無線の内容によると、燃料系にトラブルがあった模様。チームメイトのフェルナンド・アロンソは7番手を走行している。

また、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)もパワーステアリングの問題でリタイア。現在4台がリタイアしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ストフェル・バンドーン / ホンダF1 / マクラーレン / F1中国GP