ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

ギド・ヴァン・デル・ガルデ (ケータハム)
「次はシルバーストンだ。僕たちにとってまた非常に忙しい週末になるね。多くのチームと同じように、僕たちにとってイギリスGPはホームレースだし、全員が楽しみにしているレースだ。実際、僕はかなりラッキーだ。チームとして僕たちにはマレーシアとシルバーストンというホームペスがあるし、僕にとっては最も多くのファンが来てくれるスパもホームレースと言える。1年で3回も僕たちの最大のサポーターの前でレースをするチャンスがあるんだ!」

「トラック自体は、僕たちが本当によく知っているトラックだし、僕も何年もあそこでレースをしている。2008年にはフォーミュラ・ルノー3.5で有そゆしたけど、GP2での最後の2年間はあまり運がなかった。その流れを変えたいし、スペインのトラックで見た進歩を取り戻したい。僕たちはシルバーストンに近いリーフィールドでシミュレーターで多くの時間を過ごしているし、過去数年間でF1レイアウトは変更されてはいるけど、多くの走行距離を走っているので、驚きはない。他の場所と同じようにタイヤがどのような挙動を見せるかが興味深い。トラックは週末に渡ってかなり進化するので、日曜日に戦略の幅を持てるようにできる限りタイヤを管理していきたい。コックピット外でもかなり忙しい週末になる。週末を通して様々なチームパートナーイベントがあるし、その後シャルル、シビル、僕は、土曜日の予選後にファクトリーのチームや彼らの家族に会うためにリーフィールドに戻ることになっている。ファクトリーのかなり近くでレースなので、シーズンでシャルルと僕が一緒にイギリスにいる数少ないチャンスのひとつだし、本拠地で懸命に働いているスタッフに会いに行って、彼らがやっていることに感謝することができるのはクールなことだ。トラックでどんなことが起こっても、良い週末になろうだろうね!」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ギド・ヴァン・デル・ガルデ / ケータハム / F1イギリスGP