ヤルノ・トゥルーリ
ヤルノ・トゥルーリは、F1におけるペイドライバーの影響を非難した。

ヤルノ・トゥルーリは、2012年の契約があるにも関わらず、ルノーを放出されたヴィタリー・ペトロフにシートを奪われる可能性があると噂されている。

ヤルノ・トゥルーリは、ヴィタリー・ペトロフとブルーノ・セナによってスポンサー資金を得ていたが苦戦を強いられたルノーに言及した。

「クビサは、マシンから最大限を引き出せる素晴らしいドライバーだ」とヤルノ・トゥルーリは La Repubblica にコメント。

「それによって、彼らはダークホースだった」

「ロバートが欠場することになり、それは終わった。ペトロフはチームを率いる立場ではなかったし、セナは十分に良くないことを示した」

ブルーノ・セナは、シーズン途中に経験豊富なニック・ハイドフェルドの後任としてレースに出場した。

「ハイドフェルドはシーズン前半だけだったが、経験によってペトロフと同じくらいのポイントを獲得した」

「ルールはないが、ペイドライバーが困難に慣れていないのは事実だ。彼らには覚悟が足りない」

「彼らを雇うことはビジネル的な決定だが、僕はそれに価値があるとは思わない」

だが、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ペイドライバーについて以下のように述べている。

「チームにとって、財政的理由と才能の間での正しいバランスを見つけることが常に重要だ」

「F1と同じくらい古くからあることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヤルノ・トゥルーリ | ケータハム