トヨタ ニュルブルクリンク24時間耐久レース
TOYOTA GAZOO Racingは2019年6月20日(木)~23日(日)にドイツで開催される第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称ADAC Zurich 24h-Rennen、以下ニュル24時間レース)に、本年に引き続き、LEXUS LCで参戦することを発表した。

ニュル24時間レースは、世界一過酷なコースと言われるドイツ中部のニュルブルクリンクで毎年6月頃に開催され、200台近くが参戦することでも知られている。

ニュル24時間レースへの参戦は、TOYOTA GAZOO Racingの目指す「もっといいクルマづくり」の活動の原点として、2007年より、トヨタ社員自らが製作したレース車両で、社員メカニック・エンジニアで構成するチームで参戦を続けており、次回で13年目となる。

2019年は、本年に引き続き、LEXUS LCで参戦する。パワートレーン・ブレーキ・タイヤ・電気系等のトラブルが発生し、計約4時間もの間ピットインを余儀なくされた今年のレースの経験を糧に、同じLEXUS LCで、より長い距離を走り、再び完走を目指す。そして、将来スポーツカーなどの市販車に活かすための技術を先行投入し、「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じ、「もっといいクルマづくり」を追求する。

ドライバー体制も、本年同様、ベテランの土屋武士選手をリーダーに、若手の蒲生尚弥選手、松井孝允選手、中山雄一選手の4名を起用。7回目の参戦となる蒲生尚弥選手がセッティングを担当し、ドライバー、メカニック、エンジニアが一丸となって、ニュル24時間レースに挑む。

蒲生尚弥
2019年のクルマづくりはまだ始まったばかりですが、初めて乗った印象は、我々ドライバーとクルマとの対話が、ずっとしやすくなっていると感じました。ルームミラー、ドアミラーの視界が、目の前のモニターに明るく、曇りもなく映るなど、思った以上にクルマが進化しているので、これからが楽しみです。国内、海外でのテストと24時間レースを通じて、ラップライムだけを求めるのではなく、もっと乗りやすく、もっと運転を楽しめるようなクルマに仕上げていきたいと思います。ニュルのセットアップドライバーとして、初めての経験ですが、自分の成長にも繋がる良い機会だと思います。これまで同様に、自分たちドライバーが感じたことを、メカニック、エンジニアの皆さんとしっかり共有して、もっといいクルマづくりの機会を楽しみたいと思います。

チーム名:TOYOTA GAZOO Racing
車両/クラス:LEXUS LC (予定:SP-PROクラス)
エンジン:2UR-GSE改
タイヤ:ブリヂストン
ドライバー(予定):
土屋 武士 (Takeshi Tsuchiya 日本)
蒲生 尚弥 (Naoya Gamou 日本)
松井 孝允(Takamitsu Matsui 日本)
中山 雄一 (Yuichi Nakayama 日本)
チーフメカニック 関谷 利之 (Toshiyuki Sekiya) トヨタ自動車社員(凄腕技能養成部)
エンジニア・リーダー 加藤 大示 (Hiroshi Kato) トヨタ自動車社員(GR開発統括部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ