トヨタ自動車 エンジンオイル
トヨタ自動車は、スポーツ走行での高い性能を発揮する新エンジンオイル 「トヨタ純正 GRモーターオイル」を開発し、9月7日より全国のトヨタ販売店や自動車用品店などを通じて発売した。

メーカー希望小売価格(消費税抜き)は、「Circuit(0W-20)」は12,000円(4ℓ缶)、「Touring(0W-30)」は8,000円(4ℓ缶)としている。

今回発売されたエンジンオイルは、TOYOTA GAZOO Racingがドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参画を通じて培ったレース用オイルの材料技術をベースに、市販車用の高レスポンススポーツオイルとして開発された。

ラインアップとして、サーキットでのタイムアップや街乗り・ワインディングでの違いを体感でき、走りの気持ち良さを実現した「Circuit (0W-20)」 と、ストリート走行を重視し、ハイレスポンスとしっとり感のある回転フィーリングを両立した「Touring (0W-30)」 の2種類が販売さえる。

最新の高性能ベースオイルに、高性能ポリマー*1、モリブデン化合物を含む摩擦低減剤の添加などにより、レスポンス向上と耐久性の高さを両立。一般用途として現在販売しているトヨタ純正モーターオイル(SN 0W-20) との比較では、「Circuit(0W-20)」の加速タイムで0.24sec向上*2、「Touring(0W-30)」ではエンジン回転がより滑らかになることによる室内ノイズ低減(約3dB低減)*3が確認されているという。

トヨタは、今回の開発にあたり「耐久性の確認として約200時間にわたる高回転での連続高負荷運転によるエンジン耐久試験を実施しており、お客様に安心してご利用いただけるよう、車両に最適な性能検証と信頼性確保に努めています」と語った。

*1 従来のオイルと比較すると撹拌抵抗が少ない高分子添加剤
*2 86 GR SPORT(6AT)による0~100km/h全開加速データ(GPS速度計による測定)。2018年9月現在。社内測定値
*3 Vitz GR(CVT)2000回転無負荷運転時の騒音データ。2018年9月現在。社内測定値


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | 自動車ニュース