デュランゴ
2011年のF1参戦を目指しているデュランゴが、トヨタの2010年マシン「TF110」の購入についてトヨタと交渉していることが明らかになった。

Italiaracing は、デュランゴの代表イボーネ・ピントンが、トヨタと交渉中であると報道。

トヨタは2009年末にF1から撤退したが、すでに2台の「TF110」が完成しており、USF1やステファンGPを含む新規F1参戦チームにシャシーを提供すると考えられていた。

最近、中嶋一貴がステファンGP向けに真紅に塗装されたTF110で走行を行っている。

イボーネ・ピントンは「2つの非常に大きな国際グループ」がデュランゴのF1入札を支援していると語っており、Italiaracing は、それらのひとつはロシアの企業であるとしている。

デュランゴは、財政難により昨年末にGP2から撤退している。



関連:
中嶋一貴、トヨタ TF110をドライブ - 2010年5月23日
デュランゴ、2011年のF1エントリーを申請 - 2010年4月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | GP2