トヨタF1 ジョン・ハウエット
トヨタは、KERSなしで2009年シーズンを迎えることになりそうだ。

FOTAよる会談で、2010年までKERSの導入を遅らせるという提案は否決されたが、マクラーレンのロン・デニスは「ひとつのチーム」がKERSシステムなしで来年3月のメルボルンの開幕戦を戦う予定であることを明らかにしていた。

トヨタのジョン・ハウエットは、シーズンの始めからKERSを導入する考えではないことを明らかにした。

「初レースで我々が安全で信頼性のあるKERSでパフォーマンス上の利益を得ることはあまり考えられない。」

「私は、ずっとそうしないとは言っていない。しかし、かなり大きな問題がある」

ハウエットはまた、内密な会議でのトヨタの計画をプレスに提供したロン・デニスを批判した。

「私はそれを言及した人物に腹を立てている。偽りのない完全に秘密の会議だったんだ」

トヨタは、2009年のF1マシンを1月16日に発表する。

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ