F1 トロロッソ・ホンダ シンガポールGP
トロロッソ・ホンダは、F1シンガポールGPの決勝レースをハイパーソフトでスタートするという賭けに出たが失敗に終わった。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーは8列目15番手から、ブレンドン・ハートレーは9列目17番手からのスタート。2台は自由にタイヤを選べるトップ10以外では唯一ハイパーソフトをスタートタイヤに選択した。

トロロッソ・ホンダは比較的にタイヤに優しいマシンであり、ピエール・ガスリーはこれまで第1スティントを延ばす作戦で入賞を飾ることが多かった。

今回ピエール・ガスリーは、オープニングラップの混乱を切り抜けて4つポジションを上げることに成功。一時は9番手まで順位を上げていた。しかし、ピレリの最も柔らかいタイヤであり、パフォーマンスは最大であるものの、耐久性は最も低いハイパーソフトで次第に苦しむようになる。

そして、徐々に後続に迫られ、ウルトラソフトでスタートしたシャルル・ルクレール(ザウバー)に抜かれた後、27周目にピットインを余儀なくされる。これで後方まで順位を下げたガスリーは、抜き抜くいマリーナ・ベイ・サーキットでコース上で順位を上げることに苦労し、13位でレースを終えた。

一方のブレンドン・ハートレーは、オープニングラップで順位を上げることができず、15周目にハイパーソフトを捨ててウルトラソフトに交換。38周目に再びハイパーソフトで反撃を試みるも順位を上げることができず、17位でフィニッシュした。

対照的だったのはマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。ウルトラソフトで11番手からスタートして38周目まで第1スティントを延ばしたことで7番手まで順位を上げて、ソフトでの第2スティントでも後続からの脅威はなく、“ベスト・オブ・ザ・レスト”の7位でフィニッシュした。

また、フェラーリも早めのタイヤ交換で失敗している。オープニングラップで2番手に順位を上げたセバスチャン・ベッテルは、15周目にピットインして先制攻撃を仕掛けるも、セルジオ・ペレスの後ろで1周を過ごすことになって、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)にオーバーカットされて3位でフィニッシュすることになった。

全体的に“先に動く”もしくは“先に動かざるを得なかった”チームがチャンスを逃すレースとなった。

関連:F1シンガポールGP 結果 | ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | F1シンガポールGP