スクーデリア・トロ・ロッソ F1 ピエール・ガスリー ブレンドン・ハートレー
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、トロ・ロッソの2018年のドライバーラインナップの発表が間近であることを示唆。トロ・ロッソ・ホンダのドライバーはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが務めることが濃厚となっている。

今季、トロ・ロッソの開幕時のドライバーを務めたカルロス・サインツはルノーへ移籍となり、ダニール・クビアトは解雇。

後任としてシートを獲得したレッドブルの契約ドライバーであるピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの続投は正式発表を残すのみと考えられている。

ヘルムート・マルコは、ブラジルGP後、発表にそれほど時間はかからないことを示唆している。

「トロ・ロッソはいくつか重要なニュースを含んだプレスリリースを発表することになるだろう」とヘルムート・マルコは Autosport にコメント。

それはブラジルGP後まもなくかと質問されたヘルムート・マルコは「そう思っている。私にはわからないし、様子を見てみいなければならないがね。現在、我々は他の問題を抱えている」と述べた。

トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーはチームにとって“大きな財産”であることを証明したと述べたが、2018年のドライバーラインナップ発表のタイミングは彼の手にはないと強調した。

「それはレッドブルの手に委ねられている」とフランツ・トストはコメント。

「どちらもドライバーもチームにとって大きな財産だ。来年、他のドライバーがクルマを走らせることになるとは思わない」

「だが、改めて言うが、それはレッドブルの決定であり、彼らがそれを発表する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ