スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
スクーデリア・トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、2018年にホンダとともに強力なパッケージを生み出せると確信していると語る。

2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰したホンダだが、信頼性とパフォーマンス不足はマクラーレンを納得させることができず、3シーズン目となった今シーズン限りで契約を解消することになった。

今年、トロ・ロッソはルノーのパワーユニットを搭載しているが、マクラーレンにルノーの供給枠をあけるかたちで2018年からホンダのパワーユニットを搭載することが決定した。

マクラーレンから切られるかたちとなったホンダのF1パワーユニットを搭載することについて懸念はないかと質問されたフランツ・トストは「トロ・ロッソ側として、我々は最も競争力を造らなければならない。それが我々側でやれることだ」とコメント。

「他チームや過去のコラボレーションで起こったことは、我々の主題ではない。我々がホンダに提供するものが、運営面で非常に密接で有益な協力を生み出し、競争力のあるシャシーによって我々の目標に達することができることを期待している」

「ホンダは何をしなければならないかわかっており、彼らは良い道を進んでいると確信している。我々はすでに数回のミーティングを行っており、来年、彼らがパフォーマンスを向上させてくれることを確かだ」

「我々は良いクルマを得られることを願っているし、そうすれば、我々は本当に競争力のあるパッケージを得られると確信している」

トロ・ロッソ・ホンダのドライバーについては、現在ドライバーを務めるピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーが務めることが確実視されている。

すでにピエール・ガスリーは2018年の契約を結んでいるとされ、ブレンドン・ハートレーに関しても最終戦アブダビGPで契約にサインされると噂されている。

2018年のドライバーラインナップについて質問されたフランツ・トストは「最終的にレッドブルが決定する」とコメント。

「両方のドライバーが我々とやっている仕事を継続していけば、彼らは2018年のトロ・ロッソのドライバーラインナップになると確信している。だが、改めて、それはレッドブルが決定することだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | ホンダ