トロ・ロッソ F1 イギリスグランプリ
トロ・ロッソは、F1イギリスGPの決勝で、オープニングラップで同士討つを演じ、ダニール・クビアトが15位、カルロス・サインツがリタイアでレースを終えた。

ダニール・クビアト (15位)
「カルロスとの接触の後に続けることはできたけど、僕のレースも妥協を強いられたし、もちろん、起こったことは不満に感じている。僕が前だったし、汚れたラインにいた。アンダーステアが出るのは普通のことだし、そのあと突然、クラッシュが起こった」

「このようなことは起こるものだしあ、避けらいないときもある。それによって両方のドライバーがダメージを負ったので本当に残念だし、チームにとても申し訳なく感じている。今やれることはあまりないし、とにかく今回のことから学んで、前に進む必要がある」

カルロス・サインツ (リタイア)
「今日の1周目にダニールと起こったことについてあまり言うつもりはない。映像が物語っているよね。またレースを完走できなくて本当にフラストレーションを感じている。もちろん、がっかりしているし、望んでいたようなレースではない。でも、それも20戦のうちの1つのステージだと考える必要があるし、どこかの時点で常にこのような状況は起こると思ていた・・・なので、心配はしていないし、とても落ち着いている。残念ながら、ポイントを獲得する機会はあまりない週末だった。特に僕たちには雨のようなトリッキーなシナリオが必要だったからね。でも、それは起こらなかったし、僕たちはそれほど多のポイントは失わなかった。唯一心から残念に思っているのは、今週末もポイントを獲得できなかったことだ。でも、僕たちは集中し続ける必要がある。メカニックとチーム全体を励ましたい。彼らも今回のレースにがっかりしているはずだからね。ハンガリーでは流れが変わって、チームとしていいレースができることを願っている。次回はもっとうまくやれると確信している」

関連:F1イギリスGP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | F1イギリスGP