セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、ザウバーの新しい投資契約により、2014年にザウバーでのF1デビューをほぼ約束された。

ザウバーは、インベストメント・コーポレーション・インターナショナル・ファンド、北西ロシア連邦国家開発基金、ロシア国立航空技術研究所というロシアの3社とのスポンサー契約を発表。

契約の一部として、フォーミュラ・ルノー3.5に参戦する17歳のロシア人ドライバー、セルゲイ・シロトキンを将来のF1デビューにむけて育成することを発表した。

今週末の若手ドライバーテストでは、発表された通り、佐藤公哉、ロビン・フラインス、ニコ・ヒュルケンベルグが走行を行う。

2014年には、ロシアのソチで初のF1グランプリが開催される。そして、セルゲイ・シロトキンは、パートナー企業となるロシア国立航空技術研究所を率いるオレーグ・シロトキンの息子である。

ザウバーは、声明の中で「パートナーシップには、2014年ソチにおけるロシア初のF1グランプリの宣伝活動、若い世代の才能あるロシア人のモータースポーツへの起用も含まれます」との述べた。

「特に、ロシア人ドライバー、セルゲイ・シロトキンがチームの2014年レーシングドライバーとして準備するための開発プログラムが用意されます」

セルゲイ・シロトキンは、今年のフォーミュラ・ルノー3.5でのちょっとしたサプライズ・パッケージだった。わずか17歳のセルゲイ・シロトキンは、多くのフォーミュラ・ルノー・2.0のドライバーよりも若い。

だが、今年のフォーミュラ・ルノー・3.5のレースで、セルゲイ・シロトキンは、予選6度トップ5に入っており、レースでは表彰台も獲得。現在ランキングで8位につけている。

セルゲイ・シロトキンは、 2011年にFormula Abarth Euro titleに参戦。昨年はAUTO GPに参戦し、2勝を挙げている。

しかし、18歳という通常は下位カテゴリーで経験や教育を受ける若い年齢でのF1デビューは、大きな議論を呼ぶことになるかもしれない。

関連:ザウバー、ロシアの3企業とのスポンサー契約を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ザウバー