ミハエル・シューマッハの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

「ミハエル・シューマッハに知覚反応はある」と担当看護師

2019年9月12日
F1 「ミハエル・シューマッハに知覚反応はある」と担当看護師
ミハエル・シューマッハが治療を受けているパリの病院の担当看護師は、ミハエル・シューマッハには“知覚反応がある”と述べ、決して寝たきり状態ではないことを明かした。

今週、フランス紙 Le Parisien は、ミハエル・シューマッハが、実験的な幹細胞治療を受けるためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したと報道。理療はリスキーなものであると伝えた。

ミハエル・シューマッハは重症心不全?

2019年9月11日
F1 ミハエル・シューマッハは重症心不全?
7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが、パリで極秘に治療を受けたと報じられている。

フランス紙 Le Parisien は、9月9日(月)に細胞治療を受けるためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したと報道。同紙は「月曜日の午後3時40分にジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院の1階に担架が到着した」と報道。約10人で構成された警備隊のもと、青い布で“顔と身体は完全に覆われた”状態で心臓血管科に移動されたとしている。

ミハエル・シューマッハ、パリの病院で幹細胞の“極秘治療”との報道

2019年9月10日
ミハエル・シューマッハ、パリの病院で幹細胞の“極秘治療”との報道
7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハが、9月9日(月)に幹細胞治療のためにパリのジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院に入院したに入院したとフランス紙 Le Parisien が報じた。

ミハエル・シューマッハ(50歳)は、2013年12月のフランスアルプスでのスキー事故の後、頭部に重傷を負って以来、容体は非公開となっている。彼の古い友人はシューマッハが歩くこともコミュニケーションを取ることもできないと語っているものの、真実は隠され続けている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム