セルジオ・ペレス
ザウバーは、来年のレースドライバーとしてセルジオ・ペレスと契約したことはリスクではないと考えている。

今年のGP2を総合2位で終えたメキシコ人ドライバーのセルジオ・ペレスは、2011年に小林可夢偉のチームメイトとしてザウバーに加わる。

セルジオ・ペレスはまだF1マシンをドライブしたことはないが、ザウバーのマネージングディレクターを務めるモニシャ・カルテンボーンは、今シーズン前に2戦しか参戦していなかった小林可夢偉を雇うよりもリスクは大きくないと考えている。

「リスクとは考えていません。小林可夢偉を獲得したことよりリスクが大きいということはないです」

「もちろん我々は彼に関心を持っていましたし、GP2で2位を成し遂げたことはかなり良い結果ですので、彼の才能を確信しています」

「GP2でパフォーマンスを判断するのは非常に難しいことですが、我々の感覚ですし、チームにはそれほど有名ではないドライバーにも悪い感覚を持たないという実績があると思っています。あまりリスクだとは思っていません」

ザウバーは、セルジオ・ペレスの起用とともにテルメックスとの新しいスポンサー契約を発表したが、モニシャ・カルテンボーンは商業的な契約がセルジオ・ペレスの起用に影響を与えていないと語る。

「決定には関係ないです。我々はセルジオとテルメルックは単に自然な繋がりであることをここで明確にすべきだと思っています。彼は非常に初期の段階だからスクーデリア・テルメックスにいました。それはレッドブルのプログラムと似ていますが、それほど知られていません。それとまったく違いはありません」

「彼らはグループであり、片方だけ得ることは疑問は生じませんでした。商業的な面もありますが、彼らは自然な繋がりにあり、彼は常に彼らからサポートを受けています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / セルジオ・ペレス