アンドレッティのF1チーム買収、成立目前でザウバー側が売り惜しみ?
アンドレッティ・グループによるアルファロメオF1を運営するザウバーの支配権取得は、成立目前のところまで進展していたが、ザウバー側の支配会社であるるIslero Investmentsが売り惜しみしだしたと報じられている。

アンドレッティ・グループからの堅実たる提案により、早ければ今週末のF1アメリカGPで合意が発表されることが広く期待されていたが、その話は流れた。

この件に近い情報筋の情報として、交渉は形式的なものになる予定だったが、今後の取引の可能性は50/50になったと The Race は報じている。

現在、ザウバーの支配会社であるIslero Investmentsの背後にいるスウェーデンのオーナーの中で意見が分かれているという。

半数は、アンドレッティのオファーを受け入れることを望んでいるが、もう一方は、コスト管理と技術的制限によって、チームが競争力を増し、財政的に健全になることで、F1チームには今後2年以上は保有している価値があると考えているという。

Islero Investmentsがザウバーを所有する主な推進力とされるスウェーデンのビリオネアであるフィン・ラウジングは、F1の大ファンであると言われている。アンドレッティのオファーにより、彼はチームへの利益を維持しながら、ザウバーに投資したかなりの金額を取り戻すことができる。

マイケル・アンドレッティは今週初めにスイス・ヒンウィルのザウバーの本部を訪れたと報じられたが、それ以来のストーリーは実現していない。

アンドレッティに所属するインディカードライバーのコルトン・ハータは、今週末のサーキット・オブ・ジ・アメリカズのフリー走行にアルファロメオF1から出走することで調整されていたとされるが、それは実現しなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオ・レーシング