ザウバー、フェラーリF1との契約を2025年まで延長との報道
アルファロメオF1チームの母体であるザウバーは、フェラーリF1とのパートナーシップを2025年まで延長し、ルノー/アルピーヌへの切り替えの噂に終止符を打つことになるようだ。

ザウバーは、2010年からフェラーリF1のカスタマーチームであり、2019年から姉妹ブランドのアルファロメオの名前を掲げることでより密接な関係を築いている。

ザウバーとフェラーリとの既存の契約は2021年シーズン末で満了する予定であり、新たにルノー/アルピーヌのカスタマーになる可能性が噂されている。

しかし、autosports は、2022年から2025年までの新しいエンジン供給契約についてザウバーとフェラーリとの間で合意がなされたと伝えている。

契約はまだサインされていないが、パートナーシップを継続する準備はすでに整っている。2022年のザウバーのシャシー設計はフェラーリのF1パワーユニットとギアボックスの進歩で開発されている。

ルノーは、昨年末に最後のF1カスタマーチームであるマクラーレンを失い、今年はワークスチームであるアルピーヌF1だけへの供給となる。将来的には新しいパートナーチームと提携することに関心を示しており、ザウバーとのパートナーシップの可能性に繋がった。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2016年に短期間ではあるがルノーF1チームで働いており、良好な関係を築いているが、ザウバーはフェラーリとのパートナーシップを継続する安定性を望んでいる。

契約の延長により、F1グリッドにおけるフェラーリの政治的な基盤は損なわれる、ハースとザウバー/アルファロメオという2つのチームで同盟を組む。

ザウバーは、2019年からフェラーリ系列のドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィを起用しているが、フェラーリはマラネロにハースのサテライト施設を設けるなど、ハースとの関係を強化する予想されている。


また、ザウバーが2021年以降のアルファロメオの名前でレースを続けるかはまだ明らかになっていない。フィアット・クライスラーとPSAグループが合併して世界4位の自動車メーカーとなった親会社のステランティスは、傘下ブランドのモータースポーツ活動の見直しを行うとされている。

ザウバーは、昨年10月にアルファロメオとのパートナーシップを1年間延長。両社はアルファロメオ ジュリアGTAおよびGTAmロードカーの設計にも協力している。

フレデリック・ヴァスールは、アルファロメオとのパートナーシップはザウバーにとって“重要”だと語っている。

「財政面について話したくないが、それがこれの一部であることは確かだ」とフレデリック・ヴァスールはコメント。

「チームに加えることができるのはむしろモチベーションであり、会社の発展のために雇用する余裕が生まれる」

「最初のワールドチャンピオンであるアルファロメオが我々との契約を延長し、パートナーシップを発展させたいという事実は素晴らしい報酬だが、それは単なる報酬ではなく、我々にとって次のステップだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / フェラーリ / アルファロメオ・レーシング