F1 シャルル・ルクレール フェラーリ ザウバー
ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、シャルル・ルクレールとルイス・ハミルトンを比較するのはアンフェアだと考えているが、フェラーリのドライバーを務める来年、ルクレールには成功する条件は揃っており、ハミルトンと戦わなければならないという大きなプレッシャーがかかることになるだろうと語る。

フェラーリは、2019年のドライバーとして、キミ・ライコネンに代えて、まだF1でフルシーズンを終えていないルーキーのシャルルル・ルクレールを起用することを発表。

経験豊富なドライバーを起用してきたフェラーリが、従来とは異なるアプローチをとったことはそれなりの驚きを与えた。

昨年、圧倒的な強さでF2を制し、今年ザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、戦闘力に劣るマシンで随所で際立ったパフォーマンスを発揮。今シーズンここまで8度の入賞を果たし、27ポイントでランキング15位につけている。

ART Grand Prixのオーナーとしてルイス・ハミルトンやニコ・ロズベルグといったF1ワールドチャンピオンを輩出してきたフレデリック・ヴァスールは、F1で輝くために必要な資質とそこに待ち受けている隠れた危険性を十分に熟知している。

フレデリック・ヴァスールは、21歳のシャルル・ルクレールにはフェラーリのドライバーを務めるだけの能力があると確信しているが、周りからの期待は大きくなっており、今季のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンとどこまで張り合えるかというプレッシャーにさらされることになるだろうと語る。

「私がルイス(ハミルトン)のようなドライバーと今日のシャルル(ルクレール)を比較することはない」とフレデリック・ヴァスールはコメント。

「まず第一に、ルイスは10年以上前にマクラーレンで走っていた。彼らはタイトル候補だったし、ルイスと同じステージでも大きな違いがあった」

「シャルルが我々に加わったとき、我々はグリッドの後方にいたし、シャルルのアプローチは完全に異なるものだった。ザウバーでスタートする方がはるかに簡単だったと思っている。テストがほとんどないので最初のうちは少し苦しんでいたが、段階的にペースはかなり速くなっていったし、彼はマネジメントスキルも大幅に向上された」

「最も難しいポイントはクルマのマネジメントとエンジニアとの作業だ。最初の数週間は少し難しかったかもしれないが、そのあと彼はかなり素早く改善した。来年、ルイスに対してプレッシャーをかけられるだろう」

だが、フレデリック・ヴァスールは、シャルル・ルクレールはフェラーリが彼に求めている以上に準備は整っていると感じており、彼が成功を収められる状況は揃っていると考えている。

「彼はサプライズを起こすか? それはわからない。何よりもこのビジネスでは乗っているクルマに左右されるからね。常に相対的だが、クルマは改善しているし、シャルルも改善している。彼にとって全てが揃っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / フェラーリ / シャルル・ルクレール