ザウバー アルファロメオ F1
ザウバー・アルファロメオは、2018年のF1レースドライバーとしてシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソン、サードドライバーとしてアントニオ・ジョヴィナッツィを起用することを正式発表した。

ザウバー・アルファロメオは2日(土)、イタリア・ミラノ近郊のアルファロメオ歴史博物館で記者会見を開催。フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長から2018年のドライバーラインナップが発表された。

噂された通り、ひとつのレースシートはフェラーリの育成ドライバーで今季のF2チャンピオンであるシャルル・ルクレールが獲得。2018年にF1デビューを果たすことが決定した。

シャルル・ルクレールは、昨年ハースで4回、今年ザウバーで4回の金曜フリー走行に出走している。

もうひとつのシートは、同じフェラーリ契約ドライバーであるアンロニオ・ジョヴィナッツィがマーカス・エリクソンと争っていたが、最終的にザウバーのオーナーと緊密な関係にあるエリクソンが勝ち取った。

今シーズン、ザウバーはチーム体制に劇的な方向展開を遂げた。シーズン中盤にチーム代表を務めていたモニーシャ・カルテンボーンを解任して、フレデリック・ヴァスールが後任に加入。

フレデリック・ヴァスールは、それまで進められていた2018年からのホンダとのF1エンジン契約を破棄して、フェラーリと緊密な関係を築いていくことを選択。カスタマーエンジン契約には、フェラーリの若手ドライバーのひとりを乗せることが含まれていると考えられていた。

さらにザウバーは、2018年からアルファロメオとタイトルスポンサー契約を結び、2018年からアルファロメオ ザウバーF1チーム(Alfa Romeo Sauber F1 Team)として参戦することを発表。この契約によってザウバーはフェラーリの“ジュニアチーム”となり2つ目のシートもフェラーリの契約ドライバーが獲得すると噂されていた。

だが、最終的に2つ目のシートはマーカス・エリクソンの残留が決定。アントニオ・ジョビナッツィはサードドライバーとしてチームに加入することになった。

また、今回の発表により、今シーズンのレースドライバーを務めていたパスカル・ウェーレインはF1シートを失うことになった。ウェーレインはウィリアムズのドライバー候補に挙げられている。

シャルル・ルクレール
「2018年にF1に参戦できることをとても嬉しく思っている。何よりもまず、フェラーリのサポートに感謝したい。そして、ドライバーとして僕を信頼し、信じてくれたザウバーに感謝したい。来シーズン、アルファロメオ・サウバーF1チームに参加するのを楽しみにしている。2017年にFP1セッションとタイヤテストで走れたことを素晴らしい経験だったし、チームはすぐに僕を歓迎してくれた。素晴らしい作業環境だし、すでにここを快適に感じ、自信を持っている。2018年の目標はF1での経験を積んで、お返しとしてできるだけ多くの価値をチームにもたらすことだ」

マーカス・エリクソン
「まず、アルファロメオと新しいパートナーシップを結んだチームを祝福したい。2018年にこのチームで走るのは大変光栄なことだ。興奮していえるし、この有望な旅路の一員であることを誇りに思う。自分はチームとの経験と知識を加えていけると確信している。この冬はとても忙しくなりそうだし、良いシーズンのスタートを切れるようにクルマの開発を進めてくことが重要だ。2018年は大きなステップを果たしてフィールドで順位を上げる良いチャンスだと希望を持っている」

フレデリック・ヴァスール (ザウバー チーム代表)
「アルファロメオとの協力について我々全員が嬉しく思っている。今日、我々はイタリアのアレーゼにあるアルファロメオ歴史博物館で我々のパートナーシップの土台を築いた。我々はアルファロメオ・ザウバーF1チームのデビューシーズンにむけてマーカス(エリクソン)とシャルル(ルクレール)という強力なドライバーペアを起用する。マーカスは経験豊富なF1ドライバーであり、過去3年間一緒に作業したことでチームや手順を良く知っている。彼はチームプレーヤーであり、とてもポジティブな姿勢を持っている。シャルルはいくつかのレーシシリーズで才能を証明してきた。最も最近ではフォーミュラ2選手権でタイトルを獲得している。彼は今シーズン、我々と4回のFP1セッションと2回のタイヤテストで走るチャンスがあり、彼のプロフェッショナリムズとカリスマ性をチームに確信させた。このドライバーペアで2018年に挑むことを楽しみにしているし、彼らはお互いをうまく補ってくれると確信している」

関連:アルファロメオ・ザウバー、2018年F1マシンのカラーリングを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / フェラーリ