ザウバー テルメックス
ザウバーは、セルジオ・ペレスが抜けた2013年もテルメックスのスポンサーシップは継続されると述べた。

セルジオ・ペレスは、メキシコの大手通信業者テルメックス(Telmex)の支援を受けてザウバーでF1デビュー。テルメックスの支援はザウバーにとって不可欠なものとなっている。

だが、来季そのセルジオ・ペレスがマクラーレンへ移籍することが決定。テルメックスも共にマクラーレンへスイッチするとの憶測がなされている。

しかし、ザウバーのモニーシャ・カルテンボーンCEOは、テルメックスは来年もザウバーのスポンサーに残ると述べた。

「我々はテルメックスから移籍について伝えられました。またテルメックスは、彼らにとってザウバーは長期的なプロジェクトであり、それはセルジオがチームを離れても影響を受けることはないと我々に話しました」とモニーシャ・カルテンボーンはコメント。

「彼らは、レーシングスクールだけではなく、モータースポーツに関して全体的なビジョンを持っています。彼らは世界のその地域でよりモータースポーツを確立させたいと考えています」

「彼らは、多数のブランドのマーケティング・プラットフォームとしてF1を利用しています。その分野におけるモータースポーツへの関与に大きなビジョンを持っていると思います。それはとても大きなイメージであり、我々が彼らのドライバーたちと行ってきたことは、とてもうまくフィットしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1スポンサー