ザウバー セルジオ・ペレス
ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、開幕戦でのセルジオ・ペレスのパフォーマンスを絶賛した。

セルジオ・ペレスは、オーストラリアGPで7位でフィニッシュ。しかし、セルジオ・ペレスと小林可夢偉は車両規定違反でレース後に失格となった。

セルジオ・ペレスは、全ドライバーで唯一となる1ストップ戦略でフィニッシュ。ペーター・ザウバーはセルジオ・ペレスのパフォーマンスに感銘を受けたと認めた。

「そうだね。驚いたよ」とペーター・ザウバーはコメント。

「昨シーズンのGP2をフォローしていたので第一印象はOKだったし、彼は素晴らしい仕事をしていた。プレシーズンテストでも彼には満足していたが、レースでの彼は傑出していた」

「使い古したソフトタイヤで35周したのは驚くべきことだ」

ザウバーは、レース前は1ストップの可能性はない考え、検討していなかったと認めた。

「決定してはないかった。2〜3回のピットストップをするのは明らかだった。ウィンドウを見ていたが、そのあともタイムは良く、40周後にそれが可能かもしれないと話をして、エンジニアがセルジオに伝えた。彼は最後まで走れるかもしれないと言った」

テクニカルディレクターのジェームス・キーも、彼の初グランプリでのパフォーマンスを称賛した。

「ルーキードライバーの初レースとしては傑出していた。いずれにしろ彼には速さがあると感じていたが、ソフトタイヤで38周を走るとは誰も可能だとは思っていなかったと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / セルジオ・ペレス