ザウバー
ザウバーは、F1オーストラリアGPの失格処分を控訴する構えをみせた。

ザウバーは、セルジオ・ペレスが7位、小林可夢偉が8位でレースをフィニッシュしたが、スチュワードはレース後、両者のマシンのリアウイングがテクニカルレギュレーションに違反しているとして失格処分を下した。

ザウバーは、日曜日の夕方にレースからの除外を控訴する意向を記した文章を提出したことを明らかにした。

「非常に驚くべき、失望させられる結果だ」とザウバーのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは述べた。

「リアウイングエレメントの一番上の表面に問題があるようだが、このエリアは可動するコンポーネントの表面ではなく、その機能は比較的に重要なものではない」

「パフォーマンスにアドバンテージをもたらすものではないのは確かだ。今、状況をより理解するためにパーツのデザインをチェックしている。スチュワードによって下された決定を控訴するつもりだ」

関連:
小林可夢偉とセルジオ・ペレスに失格処分
ザウバー:小林可夢偉は8位入賞 (F1オーストラリアGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー