F1 ザウバー フェラーリ 2018年のF1世界選手権
アルファロメオ・ザウバーの2018年F1マシン『C37』とフェラーリ製2018年型F1パワーユニットの主要諸元およびスペックが発表された。

2018年のF1世界選手権からザウバーはアルファロメオをタイトルスポンサーに向けて『アルファロメオ・ザウバー』として参戦。アルファロメオの名前がおよそ30年ぶりにF1に復活する。

2018年のF1レギュレーションは昨年から大幅な変更はないが、コックピットッ保護デバイス『Halo』、そして、シャークフィン、モンキーシート、Tウイングの廃止により、ルックス的には昨年から大きく変わることになる。

昨年は1年落ちのフェラーリ製F1パワーユニットを搭載していたザウバーだが、2018年シーズンはフェラーリの最新パワーユニットを搭載。フェラーリとの技術パートナーシップを強化している。

アルファロメオ・ザウバー C37は、マシンフィロソフィおよび空力コンセプトを一新。ノーズからバージボード、サイドポッド周りやマシンリアのギアボックスウイングまで先代モデルとは異なるアプローチが採られている。

アルファロメオ・ザウバー C37 主要諸元

名称Alfa Romeo Sauber C37 Ferari
シャシーカーボン・コンポジット製モノコック
フロントサスペンション ダブルウィッシュボーン インボードスプリングおよびダンパーによるプッシュロッド式
リアサスペンションダブルウィッシュボーン インボードスプリングおよびダンパーによるプルロッド式
ブレーキシステムブレンボ製キャリパー、カーボンインダストリー製ディスク&パッド
トランスミッション フェラーリ製 8速クイックシフト・カーボンギアボックス 縦置き カーボンファイバー製クラッチ
ERSフェラーリ製
ステアリングザウバーF1チーム製
タイヤピレリ製
ホイールOZ製
全長5550mm
全高950mm
全幅2000mm
フロントトラック1650mm
リアトラック1550mm
重量733 kg(ドライバー、車載カメラ、バラストを含む)パワーユニット

エンジン・パワーユニット

排気量1.6L V6
ボア80mm
ストローク53mm
気筒数6
バルブ数24
最大回転数15,000
ターボチャージングシングル・ターボチャージャー
最大燃料流量100kg/h
レース毎の許容燃料量105kg
燃料直接燃料噴射
バッテリー出力4 Mj(1周あたり)
MGU-K(パワー)最大120kW
MGU-K(回転数)最大50,000rpm
MGU-H(回転数)120,000rpm

アルファロメオ・ザウバー C37 画像ギャラリー

アルファロメオ・ザウバー C37 (ドライバー)
アルファロメオ・ザウバー C37 (サイド)
アルファロメオ・ザウバー C37 (リア)
アルファロメオ・ザウバー C37 (フロント)
アルファロメオ・ザウバー C37


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー