佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨が、インディカー 第14戦 ポコノでのクラッシュについてロングインタビューに答え、自身の見解を語った。。

ポコノでのオープニングラップでは、佐藤琢磨を含む5台が絡む多重クラッシュが発生。佐藤琢磨とアレクサンダー・ロッシの接触がきっかけととことで、琢磨がクラッシュを引き起こしたとしてSNS上で一部ファンが猛バッシング。巻き込まれたドライバーたちも佐藤琢磨を非難した。

一部では出場停止処分を含めた厳罰を求める声もあがり、議論はヒートアップ。その後、佐藤琢磨は自身のSNSでオンボード映像を投稿して、自身の潔白を主張したが、さらに炎上。所属チームであるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングが佐藤琢磨を擁護する声明を発表する異例の事態に発展した。

インディカーは、佐藤琢磨に対して“回避可能なインシデント”という裁定を下し、今後3戦で保護観察を行うかもしれないが、それ以上のペナルティや出場停止といった処分は下されていない。

一連の騒動について、佐藤琢磨が IndyStar. のインタビューに応え、インシデントの詳細や自身の思いについて語った。

あのようなクラッシュの後にチームが声明を出すことはほぼ前代未聞と言えます。あなたとレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは、なぜポコノでの出来事の後にあのような声明を発表する必要があると感じたのですか?
背後にはいくつかの理由があります。第一にあれは、人々が私が事故を引き起こしたと思い込んで非難するという非常にトリッキーな状況または状況を引き起こしていました。当時、医療センターから出てきたばかりの私自身でさえ、リソースと証拠が不足していたので、少し混乱していました。リプレイを見る機会がなかったため、実際に何が起こったのかわかりませんでした。その後、僕には訳がわからなかったですが、物事が始りました。自分自身と自分の運転についていくつかの非常に不公平なことがあったと感じています。それは真実ではありませんでした。チームもそれを見て、何かをしなければならないと感じました。それがチームが声明を発表した理由だと思います。そして、彼らのサポートにとても感謝しています。

コックピットの視点から、事故を見直すことができますか?リプレイを見る前からですか?
私が覚えているのは、アレックスにぶつかっていってはいないということです。私が覚えているのは、とにかくラインを維持していたことです。ですが、その前について考えてみましょう。ターン1にはチームメイトであるグラハム(レイホール)と2ワイドで入っていきました。基本的に私はハンター・レイを追いかけていました、そして、目の前で何かが起こるのを見始めました、そして、今ではアレックスに少し危険な瞬間があったと言えると思います。彼は勢いを失ってトラックの真ん中に向かってドリフトしていました。私はそれが2ワイドでも見ることがでいましたし、ディクソンが外側にいたこともわかっていました。

その後にハンターレイが続いていました。アレックスはディクソンによって真ん中に追い込まれていました。そのあとライアンは明らかに左に移動しました。あの時は3ワイドのようになっていました。ライアンが左に行った瞬間、彼はさらに左に行く余地がなかったので、「OK、問題ありません。右側にディクシーに従うだけの十分な余地があります」と思いました。それが私がしたことです。

その3台のマシンのスピードは異なり、おそらく純粋なスピードという点では私が最も速かったと思います。私はすぐに彼らを捕え、ハンターレイとアレックスが2ワイドになったのを見ることができました。しかし、そのとき、私はすでに右への操縦を試みていました、そして、私たちが3ワイドだったので、ハンターレイがどこにいたかを実際に物理的には見ることができませんでした。私にとっては、ターン2に入るラインは明確でした。外側のレースをまっすぐ進むだけでした。したがって、移動はしませんでした。同時に、私の進歩は素晴らしく、アレックスが中にいることを知っていたので、ディクソンにだどり着く前にオーバーテイクを完了するにはあまりにも勢いがあったので、リフトし始めました。「スピードをコントロールする必要がある」と思ったので、リフトし始めました。同時に、アレックスが中にいたので、とにかくラインを保持したいと思いました。それが私が覚えていることです。その一瞬の後、私はヒットされました、そして、こインサイドにスナップしてました。インサイドにスナップするということは、当然誰かが私を後ろと左からヒットすることになります。それがアレックスでした。

メディカルセンターでは、大きな衝撃で大規模なGフォースがかかっていたことを覚えていました。混乱した状況でした。何が起きていたのかを理解しようとしていましたが、アレックスの雰囲気を感じることができました。彼は私がしたことを信じられないと感じているようでした…しかし、私が言ったように、私は何もしていません。まっすぐ行っただけです。興味深いのはダリオ・フランキッティが私のところに来て、「タク、メディアに話す前にリプレイを見た方がいい」と言ったことです。彼はライアンとアレックスが私に向かって動いたと思ったからです…ダリオが最初に私にそう言っていました。しかし、ミディカルセンターを出て何も知らずにインタビューをする前に、リプレイを見る機会がありませんでした。そのため、当時の私は少し混乱していました。

大丈夫でしたか? かなり恐ろしい事件でしたが。
ええ、怖かったです。その時点ですでに220 mphに近づいていました。誰も重傷を負わなかったことは大きな安心です。当時、私はフェリックスをとても心配していましたが、彼が病院に行った後、彼が大丈夫だと聞きました。

動きについて話しましょう。私はあれがオープニングであったことに問題はないと思っていますが、多くの人は500マイルのレースのオープニングラップでリスクを取る価値があるかどうか疑問に思っています。そこでトリガーを引いたことに後悔していますますか? それとも同じ動きをしますか?
インディ500、ポコノを見れば、スタートでは僕たちはそれを目指して言います。あなたの言葉を借りれば、リスクと報酬は必要だったか?ということですよね あの瞬間、私はまったく攻撃的な動きしようとはしていませんでした。オンボード映像でわかるように、私はまっすぐに運転していました…私が彼を過度に攻撃的に追い越したわけではありませんでした。彼のスピード不足によってポジション変更で起こりそうでしたようね?

クルマに乗っていて、例えば、後ろに全開で走る15台以上のクルマがいてターン1から出ているとしましょう…私にとってバックオフしたりブレーキを踏む理由さえありません。それはさらに危険です。ハンターレイは左に行きました。私は右に行き、私たちは3ワイドになりました。追い抜きが成功した場合、それは非常にエキサイティングな瞬間だったでしょうが、あのようなことが起こったので、人々は違った見方をしています。非常にタイトでしたし、再び同じ状況になった場合でもオーバーテイクにトライしていたと言えます。しかし、私たちが今持っているすべての情報を見て、私を信じ、私たち全員が学び、改善できるなら、私たちはお互いにより多くのスペースを与えることができると思います。右側にもう少し余裕があったので、まっすぐ進むのではなく、おそらく右側に行ったかもしれません。

明確にしましょう。あなたは車をまっすぐ走っていたと言っていましたが、オーバルではマシンは意図的に左にドリフトするように設定されています。そのため、実際にはまっすぐ走らせるにはクルマを右に引っ張る必要があります。それがあなたがしたことですか?
はい。私たちはそれをスタッガー(ずらした配置)と呼んでいます。右側のタイヤは左側のタイヤよりも大きくなっています…なので、そうですね、クルマは自然に左に曲がります…ドライバーは、クルマをまっすぐに動かすために、ホイールに逆らって右に向かって走らなければなりません。

私はステアリングを右にホールドしていました。ステアリングホイールにも遊びがあるため、少し動きがあります。コース上には継ぎ目もあります。タイヤがあり、クルマは常に動いています。しかし、みなさんは私のデータを見ることができます。私はまっすぐに保持しています。つまり、私は右を向いているということです。私はクルマを右に強制しています。

では、あなたにとって過激な反動はどのようなものでしたか? 残念ながら、反応の一部は非常に厳しいものであり、一部の人々は明らかに人種差別主義者でした。どのように対処しましたか?
まあ、初めてではありません。私は日本出身で、米国で競争しています。日本人であったり、アジア人であったりすることもありますが、それは常に簡単なことではありません。

残念ながら、現在の世界では、ソーシャルメディアによって人々は即座に反応します。彼らは情報なしで決定を下します。そして、あのようなことが起こったのです。同時に私をサポートしてくれる人もたくさんいます…いつも楽な生活とは限りませんが、これは私が愛していることであり、私は常に自分自身を改善しようと努力し続けています。基本的にナンセンスなことを言う他のすべての人々にも耳を傾けようとしています。

通常、私は多くのツイートをする人ではありません。そして、私は通常、非常に中立でいることを試みます。私はファンに反対したり、議論したりしようとはしません。私は人生でそのようなことをしたことはありません。しかし、今回、私がミディカルセンターを離れていたとき、Twitterはすでにその件に関する何千ものコメントで賑わっていました。そして、私は自分の見解から何かを言う必要があると感じました。実際に何が起こったのか。何が事実のなのか。その後、人々はそれに基づいて判断することができます。しかし、それが出る前に反応した人が多すぎました。そして、それはスポーツにとって本当に悲しいことでした。

「ノーアタック、ノーチャンス」の哲学で、あなたがコース上で攻撃的になりすぎると考える人がいることを知っていると思います。彼らの何人かはそれがあなたが多くのクラッシュに関与している理由だと言っています。その評判があなたをここで傷つけていますが、その評判は公平だと思いますか?
私は何かを判断する立場にはないと思っています。人々の考え方を制御することはできません。しかし、その「ノーアタック、ノーチャンス」の哲学は私にここにいるチャンスを与えてくれました。そのような挑戦的な哲学がなければ、私はこのレベルにいたことはなかったでしょう。私は20歳の時に初めてレースを始めました。それは他のレースカードライバーとは非常に異なる環境でした。私は非常に多くのコミットメントをしなければならず、多くの挑戦をし、時には限界を超えるように自分自身に告げなければなりませんでした。私にとっては、それがパフォーマンスを上げて次のレベルに進むことができる唯一のこと時間でした。もちろん、それをやりすぎることは望んでいません。もちろんです。

しかし、「ノーアタック、ノーチャンス」というのは、盲目でも馬鹿げたレースをするという意味でもありません。それを美しくやれる可能性があるなら、諦めるのではなく、攻撃してみるべきだという意味の方が大きいです。それが私です。そうですね、残念ながら、私は数回、限界を超えてレースをしました… OK、たぶん数回ではないでしょう。おそらく過去に何度もありました。おそらくそれは私の評判を傷つけましたし、私はそれを受け入れています。しかし、同時に、2012年にインディ500の最終ラップのターン1で行った挑戦は、確かにウオールで終えることにはなりましたが、あの仕掛けによって、基本的にA.J.フォイトは私を彼のクルマで4年間運転させてました。そのため、状況に応じて常に良い面と悪い面があります。しかし、最も重要なことは、私が自分自身を信じており、常に改善しようとしていることです。

レース中、あならは回避可能な接触だったと引用されました。インディカーは、ペナルティまたは罰則があることを示唆していますか?
レース後の日曜日に、私たちはインディカーと一緒に起こったことを確認しました。私はインディカーのオフィスに行き、すべての情報を一緒に見ました。そして、彼らはインディカーとして、ハンターレイとアレックスの動いていることを確認しました。ジェイ(フライ/インディカー会長)はそう言いました。しかし、同時に、彼らは私がまっすぐ行ったのか左に曲がったのかを見るのは非常に困難でした。インディカーの最初の反応は、一部の人々と同じでした。彼らは、私が左に激しく動き、間違いなくクラッシュを引き起こした言っていました。

しかし、その夜、ジェイは物事を保留にしました。彼は私のデータを見ることを望みました。彼は私のオンボード映像を見ることを望みました。その後、彼らは物事を公正に判断するでしょう。彼らはただ純粋に技術的な手順を踏んだだけです。当時、ペナルティはありませんでした。それが彼らが言ったことです。

あの日、メディアセンターを出てからアレックスまたはライアンと話をしましたか?
彼らと話す機会はありませんでした。しかし、私たち3人だけが証拠を一緒に見て、何が起こったのかを理解する機会がれば素晴らしいと思っています。起こったことの真実を人々に知ってほしいです。ライアンとアレックスの二人に私がしたことを知ってもらうことが重要だと思います。データとオンボード映像を見れば、彼らは異なる意見や見解を持つだろうと思います。私はまっすぐ走っただけで、アレックスにぶつかりにいってはいません。

今週のゲートウェイで彼らと話をしますか?
必要に応じてそうしようと思います。ですが、私はこの件を大きくするべきだとは思いません。週末に集中して良い週末を過ごし、最後のイベントから学び、基本的にそれを過去のことにしたいと思っています。しかし、ドライバーズミーティングやドライバー紹介で彼らが私のところに来たた、もちろん、私は彼らに証拠を見せて、彼らの反応が何であるかを確認したいです。

二人とも、ソーシャルメディアでのインシデントについてあなたを非難しました。あなたは彼らに怒っていますか? 二人ともアンドレッティ・オートスポーツの元チームメイトという関係があると思います。
わかりません。彼らはチームメイトであり、私たちは素晴らしい時間を過ごしました。ライアンと私は、2010年からいくつかの歴史があることを知っていますが、歴史は私たちが最終的に素晴らしい関係を築くのに役立ちました。私は実際、今日は異なるチームにいますが、彼とはよく話をします。私たちは常に幸運をと言い、握手をしています。

しかし、良い友達と良い関係が必ずしもあなたを常に保護するものではありません。もちろん、違います。競合相手であれば得にそうです。そして、私は彼らが非常に競争力のある人々であり、特にレース後、彼らが感情的であることを知っています。みんなそうです。ツイートで言ったように、アレックスとチャンピオンシップの状況については申し訳なく思っています。私たちを巻き込んだことが何だったとしても、彼のチャンピオンシップのチャンスを傷つけることは私が最もやりたかったはなかったことです。だから、私はそのことについては謝罪したいです。私たちは皆、素晴らしいレースを望んでいましたが、それは起こりませんでした。だから、私はドライバーからのフラストレーションを理解しています…最も重要なことは、何が真実で、何が事実かを知ることです。そして、私は自分の意見を共有したい人とはいつでも話したいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 佐藤琢磨 / インディカー