佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第7戦 デトロイトの決勝で3位表彰台を獲得した。

予選ではグループ4番手と振るわず、5列目9番グリッドからスタートすることになった佐藤琢磨。だが、決勝は降雨によってスタートがディレイし、ウエットコンディッションでスタートする。

オープングラップで7番手まで順位を上げた佐藤琢磨は、徐々に乾いていくコンディションのなかで5番手まで順位を上げる。

イエローコーション中にドライタイヤに交換した佐藤琢磨は、1つ順位を落とすもそこからさらにアグレッシブな攻撃を展開。ライハン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)とフェリックス・ローゼンクヴィスト(チープ・ガナッシ)をターン3で豪快にオーバーテイクして3番手に浮上。上位2名には届かなかったが、2戦連続で3位フィニッシュを果たしてチャンピオンシップ4位に浮上した。

「今日のドライの予選ではグラハム(レイホール)も僕も二人とも苦労して1秒くらいポールから離れちゃったから、結構きつかったんだけど、雨が助けてくれましたね」と佐藤琢磨はコメント。

「前はやっぱ速かったけど、路面がまだレースラインしか乾いてなくて。なので、フェリックス(ローゼンクヴィスト)抜いたことこまではまだタイヤが温まり始めたところだったんで良かったんですけど、そのあとはきつかったですね」

「シーズン考えればすごく大事なポイントだったと思いますし、今日の(予選)9位というのはある意味そこから上がれるのかどうかもわからない状態だったから、それを考えればピットストップも素晴らしかったし、チームも本当に素晴らしい仕事をしたと思います」

デトロイトのレースは土曜・日曜にダブルヘッダーで開催される。マシンの状態について質問された佐藤琢磨は「それが一番問題ですね」とコメント。

「どこをどうしたら速くなるかちょっとわかんないんですよ。でも、今日のレースで学んだこともあるので、この後しっかりエンジニアと進めていきたいと思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー