佐藤琢磨 インディカー
佐藤琢磨は、インディカー 第12戦 トロントの決勝レースをクラッシュによるリタイアで終えた。

7番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、コーナー1でシモン・パジェノー(ペンスキー)、ターン10でアレクサンダ・ロッシ(アンドレッティ)を抜いて5番手に浮上する。

そのまま5番手をキープした佐藤琢磨は、他のドライバーがピットストップのサイクルを開始する前に20周目に1回目のピットストップを行い、12番手でコースに復帰。27周目には6番手に浮上し、ライハン・ハンターレイがバリアに接触したことで5番手まで順位を戻す。

フルコースコーション中に上位勢がピットインした際には一時3番手まで順位を上げていた。33周目にレースをリスタートした際にトップを走行してたジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)がウォールに接触。コースに戻ったニューガーデンの後ろで身動きが取れなくなり、34周目には4番手に後退する。

その後、マイケル・アンドレッティ(アンドレッティ)からの攻撃を受けた佐藤琢磨は、プッシュ・トゥ・パスを使って応戦するも、抑え切れず5番手に後退する。

その後、順位を維持して走行を続けていた佐藤琢磨だが、66周目に最終コーナーでウォールに接触。マシンのダメージは大きく、ターン1でランオフに出てリタイア。最終的に22位でレースを終えることになった。

「週末を通して僕たちは非常に高い競争力をみせることができました」と佐藤琢磨はコメント。

「予選は天候の変化によって厳しい結果になりましたが、決勝前のファイナルプラクティスでは競争力を取り戻していました」

「レースではいくつかの問題がありながらも、レースを通して僕たちのマシンは速かったと思います。それだけにリタイアという結果になったことに対し、クルーたちに申し訳ない気持ちです。彼らは終末を通して素晴らしいマシンを私に提供してくれました」

「僕たちにはとてもいい勢いが今ありますから、次のミッド・オハイオでのレースを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨