佐藤琢磨
KVレーシング・テクノロジーの共同オーナーであるケヴィン・カルコーヴェンとジミー・ヴァッサーは、佐藤琢磨とE.J.ヴィソがKVレーシング・テクノロジー・ロータス・チームより2011年IZODインディカー・シリーズに参戦すると発表した。

佐藤琢磨は、昨年テストの機会が最小限で、インディーカーを走らせたこともなければサーキットも知らないところばかりだったにもかかわらず、エドモントンでトップ10フィニッシュを成し遂げた。

また、予選では8回もトップ10に食い込み、ファイアストン・ファスト6には3度進出。ミドオハイオではシーズン・ベストとなる3番グリッドを手に入れた。オーバルでの最高位はシーズン終盤の2レースで記録したもので、そのなかには目覚ましい活躍を示したツインリンクもてぎでのレースが含まれる。

「KVレーシング・テクノロジー・ロータスで2シーズン目を迎えることができ、期待に胸を膨らませています」と佐藤琢磨はコメント。

「このチームには信じられないほどのポテンシャルがあります。冬の間、ファクトリーに戻ったスタッフは懸命に働き、マシーンのパフォーマンスを高める努力をしてくれたので、僕自身のモチベーションも高まっていますし、2年目のインディカー・シリーズを迎える準備は整っていると思います。僕を支援してくださるスポンサーの方々に深くお礼を申し上げるとともに、すぐにでも皆さんと一緒に大きな成功を分かち合えることを楽しみにしています」

「タク」の愛称で知られ、先ごろ34歳になったばかりの佐藤琢磨はNo.5をつけたKVレーシング・テクノロジー―ロータス・ホンダ/ダラーラ/ファイアストーンのマシーンを駆る。F1で7シーズンを経験したベテランで、日本ではスタードライバーのひとりに数えられる佐藤琢磨は、インディカー・シリーズで2シーズン目を迎えることになる。

「琢磨、そしてE.J.とともに2011年シーズンを迎えることができて、本当に喜んでいます」とジミー・ヴァッサーはコメント。

「ふたりのドライバーが揃ってコクピットに戻ってくれたおかげで、我々の参戦体制に継続性が生まれることになりました。同じドライバー、同じエンジニアのコンビで2年目を迎えられることはチームにとって大きなメリットであり、これが原動力となって好成績が得られるものと期待しています」

ロータスのモータースポーツ・ディレクターであるクラウディオ・ベッロは次のように語った。

「我々にとって、昨年はすべてが勉強の一年でしたが、今年は是非とも、何度か表彰台に立ちたいと考えています。そして、トップチームに挑戦できるようになることを期待しています」

「我々がインディカー・シリーズで実行していることは、他のカテゴリーで実践していることとよく似ています。つまり、まずは実績のあるチームと組んで状況を見極め、その後は取り組みを徐々に拡大する方向で挑戦を続けるというものです。KVRTとの連携をより深めているのは、2012年以降、エンジンやエアロキットを供給しようとする我々の意思を示す第一歩だといえるでしょう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨 | インディカー