佐藤琢磨 インディ500
佐藤琢磨は、第102回インディ500の決勝前最後のプラクティス“カーブデー”を6番手で終えた。

1時間の練習走行では、全33台が決勝レース用のセッティングを施してコースに入り、ドラフティングを利用しながらレースを想定した練習走行を行った。

カーブデーとは“カーブレーション・デー”の略であり、かつて決勝前にカーブレーター(キャブレター)を調整できる最後の時間であったためにこの名がついている。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は224.083mhpを記録して6番手で最後のプラクティスを終えた。

「今日のカーブデイは比較的短いセッションでした」と佐藤琢磨はコメント。

「僕たちは走行プランを消化し、様々なことをチェックしました。トラフィックのなかではそれなりに満足できました」

「まだそこに取り組む必要がありますが、もうレースデイは近づいています」

「僕たちは準備はできていると思っています」

1911年に始まった世界で最も長い歴史を誇るインディ500は、5月の第4週目のメモリアルデイ=戦没者記念日の週末に開催されるのが恒例。今年は5月27日(日)に決勝レースが行われる。スタートは現時間12時19分(日本時間29日1時19分)。

前回大会のウィナーである佐藤琢磨は6列目16番グリッドからレースをスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨