佐藤琢磨 (2005年参加時)
佐藤琢磨は、今年7月に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に参加する。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、ロンドン南西部ポーツマス近郊で年に一度行なわれるモータースポーツの世界的な祭典。最新型のフォーミュラーカーや歴史的なビンテージカー、コンセプトカーなどが集結し、歴代のF1ドライバーも多数参加して、実際にステアリングを握る。

佐藤琢磨がどのマシンのステアリングを握るかは未定。

また、佐藤琢磨が実際にステアリングを握った2004年モデルのB.A.R006 Honda(アメリカGP仕様)が、世界的に有名なイギリスのビューリー国立自動車博物館にて一般展示されることが決定。

ビューリー国立自動車博物館は、広大な敷地の中にクラシックカー、レーシングカーなどの歴史的名車250種類以上を展示している自動車博物館。

これを記念したオープニング・セレモニーが、佐藤琢磨列席のもと7月3日に開催される。

F1のシートを中心に、2009年のレースシートを探している佐藤琢磨だが、今後の活動はまだ決まっていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 佐藤琢磨