ロビン・フラインス
ロビン・フラインスが、今週末のバーレーンでヒルマー・モータースポーツからGP2デビューを果たすことになった。

昨年のフォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオンで、今季ザウバーのリザーブドライバーを務めるロビン・フラインスは、シーズン前にトライデントとロシアン・タイムでGP2ストに参加したが、予算不足によってマレーシアでのシーズン開幕戦にシートは獲得できなかった。

しかし、ロビン・フライアンスは、ヒルマー・モータースポーツと1戦限りの契約を結び、バーレーンでGP2デビューを果たすことが決定した。

「再びレースができることを嬉しく思っている」とロビン・フラインスはコメント。

「バーレーンで走れることは僕にとって良いニュースだ」

「チームはシートが空いていたので、僕に連絡してきた。現時点ではバーレーンだけの契約だ」

「常に資金に依存している。残りのシーズンで走りたければ、取り組まなければならない。それはわかっている」

ロビン・フラインスは、GP2デビューの予想は現実的でなければならないと認めるが、ポイントに挑戦できることを期待している。

「後方でフィニッシュするためにレース週末に行くつもりはない」

「現実的に考えれば、GP2は僕にとって全てが新しい。チームも新しいしね。ポイントを争うことができれば、かなり満足だろう」

「もちろん、もっと多くクルマに乗る時間が必要だし、予選まで30分のプラクティスしかない」

「かなり厳しいけど、それは全員にとって同じことだ。その経験はないけど、その時間内でたくさん学ぶ必要があるし、うまくいくことを期待している」

今年からGP2に参戦するヒルマー・モータースポーツは、デビュー戦となったマレーシアで1戦限りの契約で参戦したコーナー・ダリーがポイントを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロビン・フラインス / ザウバー