ダニエル・リカルド、最終戦F1アブダビGPで3グリッド降格ペナルティ…1周目にマグヌッセンと接触
ダニエル・リカルドは、マクラーレンとの、そして、もしかすると最後のF1レースになるかもしれない次戦F1アブダビGPのレースのために3グリッド降格ペナルティを科された。スチュワードはF1ブラジルGPのオープニングランプでのケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)と接触でリカルドが「完全」に過ちを犯したと判断した。

金曜日の予選でセンセーショナルな初ポールポジションを獲得したケビン・マグヌッセンの後ろを走っていたダニエル・リカルドは、1周目のターン8でハースのF1マシンのリアを突いてスピンさせた。

ケビン・マグヌッセンの VF-22 がダニエル・リカルドの進路に出ることなく、マクラーレンをバリアに突き刺さなければ、両方のドライバーはリタイアを免れた可能性があった。

スチュワードはレース後に両方のドライバーの話を聞き、ダニエル・リカルドに最終戦F1アブダビGPでの3グリッド降格と2点のライセンスにペナルティ ポイントを与えた。

「スチュワードはビデオをいくつかの角度からレビューし、マクラーレン チームから提示された GPS データと独自の情報源からのテレメトリをレビューした」とスチュワードは説明した。

「1周目のターン8でリカルドがマグヌッセンに接触したことで、マグヌッセンはスピンし、その後2台ともクラッシュした。マクラーレンは、彼らの見解では、マグヌッセンはターン8の出口で前方の他の車よりも遅く、2台の車が相互作用したため、接近率を判断するのが難しくなったと説明した」

「リカルドは、彼の見解ではマグヌッセンと衝突しないように十分に減速したこと、そして、それをわずかに誤って判断したと説明した」

「スチュワードは、事件が無謀なものではなかったことを認める。しかし、インシデントは 2 台の車の間で発生したものであり、他の複数の車は影響を受けていないため、『ファーストラップインシデント』ではないと判断した」

「スチュワードは、マグヌッセンがそのコーナーで通常の方法で運転し、異常な動きをしなかったと判断した。したがって、スチュワードは、リカルドがインシデントの完全な責任を負っていると判断し、次のイベントでの3グリッド降格を言い渡した」

ダニエル・リカルドのチームメイトであるランド・ノリスは、後に電気系統の問題でレースをリタイアし、マクラーレンはインテルラゴスをノーポイントで去ることになった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1ブラジルGP / F1アブダビGP