元F1王者ジャック・ヴィルヌーブ 「どうしてアルピーヌがリカルドを欲しがる?」
元F1世界チャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ダニエル・リカルドが2023年に空席となっているアルピーヌのF1シートの有力候補ではないように見えることは彼にとって驚くべきことではないと語る。

先月、フェルナンド・アロンソはアルピーヌF1チームを今年末で離れ、アストンマーティンに移籍することを発表した。様々なドライバーがアルピーヌのF1シートに関連しているが、2019年と2020年にチームで2年間過ごしたダニエル・リカルドはお気に入りとして言及されていない。

ダニエル・リカルドは、マクラーレンでの 2 つの困難なキャンペーンに耐え、両者は2022年末に1年早く契約を終了することに合意した。

だが、ダニエル・リカルドの将来が不透明な中で、アルピーヌへの復帰は考えられていないようだ。

ダニエル・リカルドがドライブの最有力候補ではないことに驚いたかと質問されたジャック・ヴィルヌーヴは「なぜ彼がそうあるべきなのあ?」とF1TVに語った。

「彼はルノーでひどい2年間を過ごし、マクラーレンではさらにひどい2年間を過ごした。4年間であり、彼は合計でF1でどれくらいの年月を費やしてきた?」

「彼のF1キャリアのほぼ半分は良くないものだったが、それは彼が経験を積んだ時期だ。特に彼がすでにドライブしたことのあるチームにとっては理由がない」

「彼はレッドブルで印象的だった。素晴らしいオーバーテイクをしていたし、マックス(フェルスタッペン)よりも前だった。現代の車は彼のドライビングスタイルに合わないようだ」

「しかし、マックスはF1に不慣れで、2018年シーズンの終わりまでに、マックスは彼を凌駕しはじめた。それが彼が移籍した時だ」

「そのスイッチで彼にとってうまくいかないことが起こり、彼は回復していない」

ピエール・ガスリーは、アルファタウリとの契約を2023年末まで延長したにも関わらず、ドライブを争っていると噂されている。アルピーヌF1チームは、エステバン・オコンと2024年まで契約を結んでおり、これはオールフランス人ラインナップを意味する。

しかし、ジャック・ヴィルヌーヴは、ガスリーとオコンがうまくいかないという報告の中で、ラインナップの可能性に疑問を呈した。

「それは奇妙だ。彼らはすでにフランス人のドライバーを雇っている」とジャック・ヴィルヌーブは語った。

「2人(ガスリーとオコン)は仲が悪いので、一緒にしない方がいい」

「彼は契約を結んでいて、彼を獲得するには山を動かさなければならないので意味がない。そして、ガスリーは全般的にあまり良いシーズンを送っていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ジャック・ヴィルヌーヴ / アルピーヌ