「アルピーヌに戻れなければダニエル・リカルドのF1キャリアは終わる」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ダニエル・リカルドが今シーズンの終わりにマクラーレンF1チームを去る場合、F1キャリアの終わりに直面することになるかもしれないと語る。

ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンから若い同胞のオスカー・ピアストリと交代することを通達されたと伝えられている。

しかし、そのニュースはまだ確認されておらず、セバスチャン・ベッテルが11月のシーズンフィナーレであるF1アブダビGP後に引退することを発表したことから始まった「シリーシーズン」の主要なストーリーラインを形成している。

セバスチャン・ベッテルの後任が必要になったアストンマーティンF1は、アルピーヌF1チームからフェルナンド・アロンソを獲得し、アルピーヌはすぐにアロンソの後任としてオスカー・ピアストリを起用することを発表した。

しかし、F2チャンピオンであるオスカー・ピアストリは、すぐにソーシャルメディアで情報が「間違っている」と投稿してアルピーヌF1チームで走るつもりがないことを明言。マクラーレンとの強いつながりが現れ始めた。

契約が1年早く終了した場合、ダニエル・リカルドがマクラーレンに要求する補償額についての話も浮上しており、その金額は、たとえばアルピーヌF1チームなどの別のチームでレースをするというオファーを受け入れるかどうかにかかっている.

しかし、ラルフ・シューマッハによれば、33歳のダニエル・リカルドが、2020年末に去ったエンストンを拠点とするチームに戻らなければ、そこで彼のF1キャリアは終わりかもしれないと考えている。

「ダニエル・リカルドの問題がある」とラルフ・シューマッハはSky Germanyに語った。

「個人的には、彼がF1で再びチャンスを得ることは想像できない。しかし、現時点でアルピーヌが誰を獲得すべきかは分からない」

2023年のエステバン・オコンのパートナーとしてのアルピーヌF1チームの選択は、、オスカー・ピアストリのサービスをめぐってマクラーレンを相手取った訴訟に勝たない限りは、現時点で確かに大きな難問である。

ピエール・ガスリーやラルフ・シューマッハ甥であるミック・シューマッハなど、中期的な将来が確定されていないグリッドの他の場所にいる現役ドライバーを選ぶだろうか?

また、ニコ・ヒュルケンベルグやダニール・クビアトのような、F1でのキャリアは終わったと考えられていたドライバーがケビン・マグヌッセンのように復帰する可能性はあるだろう?

あるいは、若手はオプションになるだろうか? F2のチャンピオンシップリーダーであるフェリペ・ドラゴビッチ、またはアルピーヌ自身のアカデミードライバーであるジャック・ドゥーハンらもチャンスを伺っている。

ラルフ・シューマッハは「すべてのコックピットに名前がある」とコメント。

「ミックもまだ契約を結んでいないので、候補になるだろう。 あなたが見たようにスピードのある候補者だ」

「ニコ・ヒュルケンベルグもまだスターティングブロックにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / ラルフ・シューマッハ / アルピーヌ