マクラーレンF1、ダニエル・リカルドのシート喪失の可能性を認める
ダニエル・リカルドは、2022年シーズン終了後にマクラーレンF1を解雇される可能性がある。

モナコで、ダニエル・リカルドは、誤って任期が今年終了することを認めたように語り、混乱が生じた。

「それは明らかだ。23年の終わりまで契約を結んでいる」とダニエル・リカルドはモナコグランプリのプラクティスでクラッシュする前に語った。

「新型新型コロナウイルスが僕を台無しにしたし、何年にもわたって混乱している」

しかし、パドックでは、マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンが、2023年にダニエル・リカルドを交代させることを真剣に検討していると噂されている。

「紙は現実よりも忍耐強い」と元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは Sky Deutschlandに語った。

「その方法のままでないならば、来年マクラーレンで彼に会うことはないだろう。チームからの噂と声明はますます大きくなっている」

「彼はチームメイトから離れすぎている」

実際、ザク・ブラウンは、現在の契約について話したらず、特定の「メカニズム」がマクラーレンがリカルドと別れることを可能にするであろうことを明らかにした。

「今のところ、特に単一のレースではなく、それがどのように発展するか、そして、ダニエル自身が次に何をしたいのかを見守っていく」とザク・ブラウンは語った。

ダニエル・リカルドは、ザク・ブラウンから「個人的に」批判を受けたことはないとSport1に語った。

「真実はイエスだ。今年は素晴らしい時間を過ごしていなかった」とダニエル・リカルドは語った。

「だから、人々が僕を批判的に見るのは普通のことだ」

「明らかに、彼が僕についていいことを言ってくれることを望んでいるけど、一方でマクラーレンの僕への期待は明らかに高く、それは実際にはポジティブだ」

ダニエル・リカルドは、これまでのマクラーレンの在職期間全体が「これまで以上に困難」であったことを認めている。

「HRTやトロロッソでは、このような問題は発生しなかった」とダニエル・リカルドは語った。

「悪いレースだったとしても、一貫性とスピードはそこにあった」

「だから、理解するのが難しい、そして、なぜ自分がその週末に0.3秒を見つけることができなかったのかについて、白黒の答えをが出るのはまれにしかない」

「重要なことは、集中して、自信を失わないことだ。でも、自分は年を取りすぎていないし、スキルやドライブを失っていないと確信している」

「火はまだ燃えている、さもなければ、僕はもうここにいないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン