F1:ダニエル・リカルド、シリル・アビテブールとのタトゥーの賭けが実現
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、ルノー時代にチーム代表だったシリル・アビテブールと賭けをしたタトゥーを入れるという約束が実現した。

2020年、当時ルノーF1のチーム代表だったシリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドが表彰台を獲得した場合にタトゥーを入れるというリカルドの賭けに乗った。

ダニエル・リカルドは、その挑戦を2回クリアし、シリル・アビテブールはタトゥーを入れる義務を負うことになった。

しかし、そのシーズン限りでシリル・アビテブールはルノーF1のチーム代表を辞任し、F1界を去り、ダニエル・リカルドもマクラーレンへと移籍。タトゥーを入れるという約束は実現しない可能性さえ囁かれていた。

だが、ダニエル・リカルドはInstagramでタトゥーを入れているシリル・アビテブールを見守っている写真を投稿。約束は果たされたようだ。

シリル・アブテブールがどのようなタトゥーを入れたかどうかは水曜日に公開される。以前にどのようなタトゥーを入れたいかと質問されたダニエル・リカルドは、足首に小さなタトゥーを入れることになると語っていた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン