ダニエル・リカルド 「逆境がこの勝利をさらにスイートにしてくれた」 / F1イタリアGP 結果
ダニエル・リカルドは、マクラーレン移籍後に直面した逆境が、F1イタリアGPでの勝利を“さらにスイート”なものにしたと語る。

ダニエル・リカルドは、2012年以来となる勝利をマクラーレンにもたらし、チームメイトのランド・ノリスが2位フィニッシュしたことで、チームにとっては11年ぶりに1-2フィニッシュとなった。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが26周目にクラッシュリタイアしたことで、ダニエル・リカルドのレースは楽になったが、それにはオープニングラップでフェルスタッペンからリードを奪ったことが大きかった。

2018年以来となる勝利にダニエル・リカルドは「実際、まだ飲み込めていない。勝つことに圧倒されたのはおそらく初めてだ。3年ぶりくらいだよね」とコメント。

「それが僕に影響を与えているわけではないけど・・・今年、特に前半戦の後、誰もこの勝利を予測していなかったことは分かっている。自信を失い、道に迷うのは簡単だ。視点とすべてが実を結び、それが起こり得ることを自分の奥深くで知り、自分自身を決して疑わなかったことが重要だったと思う」

「本当に何かを愛し、それを信じているなら、決して自分自身を疑うことはないと思う。途中のスピードバンプのいくつかは、このような瞬間をさらにスイートにする」

2020年にマクラーレンに移籍して以来、ダニエリ・リカルドはチームメイトのノリスと比べてかなり苦戦している。だが、今シーズン、自分の姿を再発見することを楽しんでいるとリカルドは語る。

「今日ここで栄光に浸っているから、そうを言っているわけではない」とダニエル・リカルドは付け加えた。

「僕にとって、今年は最も困難なシーズンだった。そこで心が折れていたわけではない。どちらかといえば、人として、そして競技者として、自分が誰であるかをもう少し理解できるようになったし、内部に抱えていた逆境と感情を楽しんでいだ」

「間違いなくそれを受け入れていたし、いくつかの低い点があったのは確かだ。加えて、1年以上ママとパパに会っていない。僕は家族ととても仲が良くて、とても愛情深い人だ。時にはママとパパからの抱擁と背中を軽いてもらう以上に望むものはない。それは困難な日々を難しくしたけど、それはまた、僕がこの点に到達するのを助けてくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1イタリアGP