ダニエル・リカルド、F1オーストラリアGP中止に落胆「今年も家に帰れない」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、2年連続で母国レースとなるF1オーストラリアGPが中止となったことに打ちのめされている。

今朝、F1オーストリアGPの中止が発表された。2020年は土壇場で中止となり、2021年は11月に延期して、アルバート・パーク・サーキットに大改修を加えて復活を望んでいたが、叶わなかった。

当然ながら、地元のヒーローであるダニエル・リカルドは、そのニュースを悲しんでいる。

「みんなもそのニュースを見たと思うけど、残念ながら、今年はレースをするために家に帰ることはできない」とダニエル・リカルドは語った。

「痛いよね。僕たち全員が本当に楽しみにしていた。特に僕自身が再びメルボルンでレースをするのを楽しみにしていた」

「普段は笑顔だけど、今は難しいです。ホームでレースをしないので、今年は家に帰れない」

「2022年にそれができることを楽しみにして願っている。みんなが健康で元気でいられることを願っている。悲痛だけど、近いうちにオーストラリアでまたみんなに会えることを願っている」

ダニエル・リカルドは、2020年の春以来、彼が住んでいるモナコでほとんどすべての余暇を過ごしたため、故郷に戻っていない。

最近のインタビューで、ダニエル・リカルドは時々ホームシックと家に帰ることができないことに苦しんでいることを認めていた。

「本当に家を恋しく思っているし、家族や友人を恋しく思っている」とダニエル・リカルドは言った。

「それは確かに僕を落胆させることだ。長い間家にいないのはネガティブな部分だ」

「他のドライバーは、家に住んでいなくても、家から30分くらいしか離れていないし、ほとんどの場合がそうであるようにヨーロッパに拠点を置いている場合は飛行機ですぐに行ける。そのため、彼らの方がはるかに簡単に家族や友人に会うことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1オーストラリアGP