ダニエル・リカルド、ストロールの強引な追い抜きに激怒 / ルノーF1 シュタイアーマルクGP 決勝
ルノーF1のダニエル・リカルドは、F1シュタイアーマルクGPのレース終盤にポジションを2つ失うことになったランス・ストロール(レーシング・ポイント)のオーバーテイクに怒りを露わにした。

ダニエル・リカルドは、残り2周のターン3でランス・ストロールに抜かれた。ストロールはインサイドに強引に突っ込み、ダニエル・リカルドをコース外に追いやった。それによってリカルドはランド・ノリス(マクラーレン)にも抜かれることになった。

ダニエル・リカルドは、ランス・ストロールにペナルティが科せられると考えていたが、レース後まもなくスチュワードはお咎めなしと判断した。

「彼は僕たち二人を強引に追い出した。僕はいつも自分自身に批判的だ。僕がドアを閉めるべきだった。でも、彼があのような仕掛けをしてくるとは思っていなかった。無鉄砲な動きだったと思う」

「ランドが来ていたし、彼は何かしなければならないと思ったんだと思う。ランドに食われてしまうと思っていたのかもしれない。もし、僕がエイペックスを捕らえていたら、クラッシュしていた。本当にイライラする最後だった。もちろん、僕たちはランドにポジションを奪われてしまった」

「僕たちはストロールにやり返すことができると思うけど、あのようなレースの終わり方は残念でならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / F1オーストリアGP