ダニエル・リカルド 「後手に回ればマクラーレンF1に移籍できなかった」
ダニエル・リカルドは、2020年シーズン末でセバスチャン・ベッテルがフェラーリF1を離脱するという予期せぬニュースにより、もし決断に時間をかけていたら、2021年にマクラーレンF1に移籍する機会を失うリスクがあったと語る。

先月のセバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱は、2021年のドライバー市場に多くの動きをもたらた。ますは現在マクラーレンのF1ドライバーを務めるカルロス・サインツが後任としてフェラーリに加入することが決定。

そして、マクラーレンにできた空席には、ダニエル・リカルドがルノーF1との2年契約を更新せずにチームを離れるという決断んを引き起こした。

何人かのオブザーバーは、なぜダニエル・リカルドが少なくとも2020年のルノーF1の状態を確認するまで移籍を待つことができなかったのかと疑問視した。

だが、ダニエル・リカルドは、例えシーズンが遅れてシーズンが再開されたとしても、1~2か月は明確な答えは得られなかったとし、仮に決断を遅らせていれば、マクラーレンF1に加入する機会を危険に晒す可能性があったと語る。

「明らかに、ベッテルの発表やフェラーリに関するニュースがすべてを誘発したと思う」とダニエル・リカルドはF1ポッドキャストに語った。「

「それから、状況はカルロスや他のすべてのものの周りでかなり素早く動いていた」

「おそらくまだ時間があるように思ったかもれないけど、実際には移籍のための時間はなかったと思う。もし移籍が目的だったとしたらね」

「頭の中ではそれだけが巡っていた。7月にレースを開始できるかも100%ではなかった。その様子から判断しても、第1戦や第2戦ではわからなかっただろう」

「実際にみんながどの位置にわかるまで8月か9月まで待つことになっていただろう。そうすれば、自分が求めていたものを手に入れるには遅すぎるように思えた」

ダニエル・リカルドは、ルノーF1からマクラーレンに移籍することは輪郭のはっきりした決定ではなかったと認め、2019年の状態と来年からメルセデスを搭載するパッケージの未知の可能性の組み合わせに基づいて決定しなければならなかったと明かす。

「もちろん、実際に話をしているチームから売り込みを受けることはできる。特に、今はレースがなく、昨年以外に証明するものがないので、他よりも自分を刺激する売り込みに進まななければならない。その時に何を感じ、何を考えるかだ。誰にもわからない」

「もちろん、今のところの最高の参考である昨年を見れば、彼らは最も騒がしいチームだった」

「メルセデスは再びチャンピオンシップを勝ち取ったけど、マクラーレンがすべての中で最も大きな一歩を踏み出したチームであることは、ほとんどの人にとって明らかだった。それは彼らにとって本当に励みになったし、本当にベースにできるのはそれがすべてだ」

「あとは将来への口説き文句だ。明らかに、それはパワーユニットの変更などだ。今それについて話すのは難しいことだ。なぜなら、それは決して簡単な決定ではないし、2020年から測定することがあまりないからだ。かなり困難だった」

では、マクラーレン移籍を選択した鍵は何だったのだろう?

「正直、1つの決定的な要因があったわけではない」とダニエル・リカルドは語る。

「それは確かに2018年のレッドブルの状況とは異なった。個人的にはレッドブルはコースを走ったような感覚だった。僕は長い間そこにいたのですが、何度もトライして、レースに勝ったけど、チャンピオンシップには勝てなかった」

「それで『OK、とにかく僕には変更が必要だ』となった。僕たちが去年望んでいたことを達成しなかった限り、それが正解だったとは明確だったとは言わないけど、同様に、去年は勝利を期待してはいなかった。決して簡単なものではなかったと言っておこう。時間が教えてくれるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン