ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍はステップアップにあらず?
ダニエル・リカルドのマクラーレンF1への移籍は、ステップアップではなく、むしろ“横移動”にすぎないかもしれないとF1ジャーナリストのジョー・サワードは語る。

マクラーレンはホンダとの3年間の失敗を経て、2018年からルノーのF1エンジンに変更。昨シーズンはルノーのワークスチームを破ってコンストラクターズ選手権を4位で終えた。

おそらく、それがダニエル・リカルドが今シーズンの終わりにマクラーレンに移籍することを決めた理由のひとつだと考えられている。

ダニエル・リカルドは、なぜマクラーレン移籍を決断した理由をまだ公表しておらず、Twitterでの非常に短い声明でルノーへの感謝の気持ちを述べ、この章を“力強く”終えることを誓っているだけだ。

だが、このダニエル・リカルドの移籍をジョー・サワードは疑問視しており、単なる横移動に過ぎないと語る。

「ダニエルがステップアップとしてマクラーレンに移籍するとは思っていない。横移動だとみなしている。おそらく彼はルノーであまり快適ではなかったのだろう」とジョー・サワードは Missed Apex に語った。

「独自のエンジンを備えたメーカーチームから、3次レベルのメルセデスチームに移籍することに少し驚いた」

「マクラーレンは以前は素晴らしいチームだったが、証明しなければならないことがたくさんある」

ダニエル・リカルドは、間違ったタイミングで移籍を行っている可能性もあるとジョー・サワードは語る。

ルノーは、昨シーズンのチームの弱点であったシャシーの設計を支援するためにパット・フライを招き入た。フライは昨年のマクラーレンのシャシーに影響を与え、チームが5年ぶりに表彰台に戻るのを助けた。
「数年前のルノーの最大の問題は数年前にエンジンだった。十分に強力ではなかった」とジョー・サワードは続ける。

「しかし、今やエンジンは十分に強力であり、昨年の彼らの問題はシャシーが良くないことだった」

「彼らはシャシー部門を変え、パット・フライを連れてきた」

「昨年、パットフライは何をしたか? 彼はマクラーレンをうまくやらせた。それを実現したのはパット・フライだった。彼は今マクラーレンを去っている」

「したがって、パット・フライがダニエルが去ったチームにすべての知識を持ち込んでいる可能性がある。そのため、ルノーからマクラーレンに行くことはダニエル・リカルドがこれまで行った最も賢いことではないかもしれない」

しかし、親会社のルノーは消滅の可能性すらある財政難に陥っており、ルノーがF1撤退を決めた場合、ダニエル・リカルドは勝者となるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン