F1 ダニエル・リカルド
ルノーのダニエル・リカルドは、FIA F2のレースでのアントワーヌ・ユベールの悲劇的な事故死の後、レースをすることを疑問に持っていたとし、そう思っていたのは自分だけではなかったはずだと語った。

土曜日に行われたFIA-F2選手権の決勝レースで、22歳のアントワーヌ・ユベールが事故によって命を落とした。昨年のGP3でチャンピオンを獲得したユベールは、ルノーF1チームのアカデミーに選出されるなど、将来を有望視されるドライバーだった。

F1ベルギーGPを14位で終えたダニエル・リカルドは「レースが終わってうれしい」と語った。


「不思議な話だけど、僕たちが敬意を示す最善の方法は今日レースをすることだということはわかっていた」とダニエル・リカルドは語った。

「でも、実際には僕たちの誰も実際にここにいたり、レースをしたいとは思っていなかったと思う。少なくとも、それは僕自身の意見だけど、僕だけではなかったと確信している。ここで頑張って勇敢な顔をしているのは全員にとって大変だったのは確かだ」

「昨日のことでパドックの多くの人が傷ついていることを知っているし、みんなが終わってホッとしていると思う。僕たちはここから先に進むことができるし、できればこのようなことが起こるのは最後であることを願っている」

ダニエル・リカルドは、レース中に土曜日のクラッシュのことを考えずにはいられなかったと語る。

「競争のアドレナリンを出てくれば、ある意味で忘れることはできるものだ。でも、今日完全にそれを消し去ることは不可能だった。まだそこにありまった」

「奇妙なことに、競争の最中は昨日起こったことよりも競争に注意を向けることができる。でも、まだ完全に消し去るには起こったばかりのことすぎた」

アントワーニ・ユベールの家族は日曜日にトラックに来ていた。ダニエル・リカルドは、彼らの存在がレースを続けるのが正しいかどうか疑問に思わせたと語った。

「それが僕たちの仕事であり、職業であり、人生でもあるけど、輪になってレースカーを走らせているだけでもある。実際に疑問を呈したし、このようなことを思い出すものだ。それは価値があることなのか? 昨年、それを自問して眠りについた」

「正直に言うと、今日ここで彼の家族に会って、それが他の何よりも力を与えてくれた。事故の後、彼らがどうやってここにいることができるのかに敬意を示して帽子を脱ぐことは正義ではなかった。何て言ったらいいのかわらかない。自分がその立場にいることを想像できなかった。彼らは今日の僕たちの誰よりもずっと強いと感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / F1ベルギーGP