F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ダニエル・リカルドが、2019年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPへの意気込みを語った。

「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは僕のタイプなレーストラックだ。ストリートがベースとなったサーキットでウォールが近いし、乗らなければならない縁石があて、ドライバーがミスをする余地はない。コーナーは多くないけど、それでも各コーナーは複雑なので正しくまとめるのが難しいトラックだし、すべてを組み合わせるには良い流れを掴む必要がある」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕たちはすでにストリートサーキットにかなり合わせられているのでカナダにすぐに戻れるのは良いことだ。それほど頻繁に使われていないので、通常、序盤の走行ではサーキットは少し汚れているけど、ラバーが乗ったらスピードが上がってくるだろう」

「カナダは僕にとって常に忘れられない場所だ。2014年にF1で初優勝した場所だからね。6番グリッドから戦わなければならなかった。前にいるクルマの問題という運にも恵まれたけど、初勝利は信じられないくらい特別なものだったし、決して忘れることはないだろうね!」

「モナコではもっと多くのポイントを争えたはずだったけど、2ポイントしか獲得できなかったことはとてもフラスレーションを感じた。チャンスを逃してしまったし、僕たちはそこから学ばなければならない。ポジティブな点に目を向ければ、予選とレースでのクルマの感触は良かったし、週末を通して僕たちが進めた仕事には満足している。カナダでも戦えると思うし、どうなるか見てみるつもりだ。改善させるために全力を尽くしてプッシュしていく」

関連:2019年 F1カナダGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / F1カナダGP