F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、F1中国GP後にバーレーンで感染症を患っていた口唇の軽い手術を受けたことを明かした。

ダニエル・リカルドは、バーレーンと中国の間に感染症にかかり、口唇に痛みがあったという。しかし、中国GPではセーフティカー後に装着したソフトタイヤで猛烈な追い上げをみせて優勝を成し遂げている。

ダニエル・リカルドはミルトンキーンズのレッドブルの拠点でシミュレーション作業をした後、ロンドンで手術を受けたことを明らかにした。

「上海での優勝の後、モナコに戻るまで5日間かかった。5日間ずっと働きづめだったように感じているよ」とダニエル・リカルドはコメント。

「クレイジーな3日間のパーティーといったまともなストーリーをみんなに共有できればよかったんだけど、お祝いのようなものはなくて平穏なものだった」

「レース後の夜に飛行機を乗り継いで、ミルトンキーンズのレッドブルのファクトリーに直行して、シミュレーターで作業をした。その後、小さな手術を受けなければならなかったんだ」

「バーレーンの週末で唇に変なものができて、噛んでしまって、何かに感染してしまったに違いない。何度も噛んでしまっていたからね。ロンドンでそれを取り除いで縫わなければならなかったんだ」

「先週の金曜日にモナコに戻ってやっとくつろぐことができた。先週末にレースをする必要はなかったし、アゼルバイジャンと中国が連戦ではなかったのはかなり助かったよ。疲れていたし、縫い目もあった。ここまでエネルギーを上げるのはかなり大変だったよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル