ダニエル・リカルドの2022年04月のF1情報を一覧表示します。

ダニエル・リカルド、フェラーリのホスピタリティに赴いてサインツに謝罪

2022年4月25日
ダニエル・リカルド、フェラーリのホスピタリティに赴いてサインツに謝罪 / F1 エミリア・ロマーニャGP 決勝
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPの1周目に衝突した後、カルロス・サインツに謝罪するためにフェラーリのホスピタリティセンターを訪れた。

ダニエル・リカルドとシャルル・ルクレールは、ウェットコンディションとなった決勝で、タンブレロの最初のシケインに並んで入ったリカルドは内側の縁石に乗って、サインツの左リアタイヤに接触し、グラベルに押し出した。

F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」

2022年4月10日
F1:ピエール・ガスリー、下着規制に「お尻でも××でも好きに調べて」
F1ドライバーは、オーストラリアグランプリの金曜日の夜の長いドライバーズフリーフィングで、FIA(国際自動車連盟)からレーシングスーツの下に着用する下着について制限することを通達された。

ロマン・グロージャンの2020年のバーレーンGPのようなマシンが炎上する激しいクラッシュでは、ドライバーがレーシングスーツの下に、ナイロン、アクリル、ポリエステルなどの生地の下着は着用している場合、発火すると溶けて、非常に重度の火傷を負う可能性がある。

マクラーレン、ランド・ノリスが4番グリッド獲得で復調の兆し

2022年4月10日
マクラーレン、ランド・ノリスが4番グリッド獲得で復調の兆し / F1オーストラリアGP予選
マクラーレンは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選で2台揃ってQ3進出を果たし、ランド・ノリスが4番グリッド、ダニエル・リカルドが7番グリッドを獲得した。

プレシーズンテストで見舞われたブレーキの冷却問題に苦しめられたマクラーレンは、開幕2戦ではQ3に進出できない苦戦ぶりを示していた。しかし、もうブレーキの問題が表面化すことはなく、オーストラリアグランプリでは待望のQ3進出を果たし、ランド・ノリスがセカンドローを獲得した。

リカルド 「レッドブルF1がタイトル争いに戻ると分かった上で離れた」

2022年4月8日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1がタイトル争いに戻ると分かった上で離れた」
ダニエル・リカルドは、レッドブルF1を離脱することを“最悪のタイミング”で決断したとしたクリスチャン・ホーナーの発言に応えた。

ダニエル・リカルドは2018年の終わりにレッドブルF1を去り、ルノーF1へと移籍してパドックに衝撃を与えたが、比較的不運な移籍となり、2年間を過ごした後、マクラーレンへと移籍した。

レッドブルF1首脳 「F1はダニエル・リカルドを見限るべきではない」

2022年4月6日
レッドブルF1首脳 「F1はダニエル・リカルドを見限るべきではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1はダニエル・リカルドを“見限る”べきではないと方ある。

今週、F1はダニエル・リカルドの母国オーストラリアに戻ってくるが、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、リカルドが2018年以降もマックス・フェルスタッペンのチームメイトであり続けるための“青天井”の高額オファーを断っていたことを明らかにしている。

レッドブルF1代表 「リカルドの離脱のタイミングは完全な誤解が原因」

2022年4月4日
レッドブルF1代表 「リカルドの離脱のタイミングは完全な誤解が原因」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドがチームを去るという決定のタイミングは完全な誤解によって生じたと考えている。

レッドブルのジュニアプログラム出身のダニエル・リカルドは、2011年のF1イギリスGPでHRTからデビューした後、2012年にレッドブルのジュニアチームであるトロロッソのシートを獲得。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム