ダニエル・リカルド 「レッドブルF1がタイトル争いに戻ると分かった上で離れた」
ダニエル・リカルドは、レッドブルF1を離脱することを“最悪のタイミング”で決断したとしたクリスチャン・ホーナーの発言に応えた。

ダニエル・リカルドは2018年の終わりにレッドブルF1を去り、ルノーF1へと移籍してパドックに衝撃を与えたが、比較的不運な移籍となり、2年間を過ごした後、マクラーレンへと移籍した。

クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドに“青天井”と称する高額の残留オファーを提示していたが、リカルドは2019年から搭載するホンダF1のエンジンの能力に疑問を感じていたとし、マックス・フェルスタッペンがタイトルを獲得したことで、彼の決断が間違っていることが証明されたと述べていた。

「ダニエルにはマックスが優勢に見え、彼はセカンドドライバーになりたくなかった」とクリスチャン・ホーナーはThe Weekend Australianに語った。

「明らかに彼はホンダのエンジンに疑問を持っていたので、彼のタイミングは見事に悪かった。そして、ホンダは競争力のあるパワーユニットであり、レースに勝つパッケージであることを証明し続けた」

だが、ダニエル・リカルドは、レッドブルF1の離脱を取り巻く“ストーリー”に悩まされていないと発言。それが自分の将来にとってベストだと感じていたとし、現在の所属チームであるマクラーレンで成功することを望んでいると述べた。

「当然ながら、僕はマクラーレンでタイトルを獲得したいと思っている。『だから言ったでしょう』と言えることを願っているよ」とダニエル・リカルドはHerald Sunに語った。

「しかし、それが実現するまでは、おそらく多くの人々がそういったストーリーを語るかもしれない」

「そこは問題ないし、それが僕を悩ませることはない。それに、僕はビッグチームを去ることにそういったことが伴うことを分かっていた、そして、その時の僕はそれが自分にとって正しいことだと感じていた」

「そういった覚悟はしていたけど、僕はそれが本当に正しいだと感じていた」

ダニエル・リカルドは、レッドブルF1が最終的に再びタイトルを争うようになることは『分かっていた』とし、レッドブルF1を去った背後にはいくつかの要因があったと付け加えた。

「そこは振り返って後悔したり、別のやり方でやるべきだったと思ったりするものではない」とダニエル・リカルドは述べた。

「今、レッドブルF1はトップに戻っているし、ワールドタイトルを目指して再び戦っているけど、そうなることは分かっていた」

「チームの内部にもたくさんのことがあるし、『車は速いので、滞在するべきだ』とはいかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / ホンダF1 / マクラーレン