F1ブラジルGP マシン重量
F1ブラジルGP予選後の全マシンの重量が発表された。

予選では激しい雨が降り、決勝レースの天候も読めない中で行われたブラジルGP予選。重量をみれば、ルーベンス・バリチェロが本気でポールを獲りにいったことは一目瞭然だ。ウェットのためパフォーマンスを読み取るのは難しいが、ヤルノ・トゥルーリやセバスチャン・ブエミは決勝も今日のような天候であれば、力強いレースを期待できそうだ。

チャンピオンシップ争いでは、セバスチャン・ベッテルがQ1敗退、ジェンソン・バトンがQ2敗退という波乱の展開。燃料量をみてみれば、最重量を積んできたベッテル陣営は思い切って勝負に出ていることがわかる。燃料的には1ストップも可能。またベッテルは、エンジン数をすべて使い切っているため、明日ウェットになれば、もしかするとエンジン交換&ウェットセットアップに変更して、ピットレーンスタートを選択してくるかもしれない。

一方のバトンは、良く言えばどのような状況にも対応できるコンサバティブな戦略、悪く言えば中途半端な戦略に思える。

この戦略の差がどう出るか。予測不可能なブラジルGP決勝レースは、18日の日本時間25時からスタートする。

F1ブラジルGP マシン重量

※ピットストップ予想はドライ時で計算
グリッドドライバーチームマシン重量予想ピットイン予選タイム
1ルーベンス・バリチェロブラウンGP650.520周目1分19秒576
2マーク・ウェバーレッドブル65622周目1分19秒668
3エンドリアン・スーティルフォース・インディア656.523周目1分19秒912
4ヤルノ・トゥルーリトヨタ658.524周目1分20秒097
5キミ・ライコネンフェラーリ651.520周目1分20秒168
6セバスチャン・ブエミトロ・ロッソ65924周目1分20秒250
7ニコ・ロズベルグウィリアムズ65723周目1分20秒326
8ロバート・クビサBMWザウバー65622周目1分20秒631
9中嶋一貴ウィリアムズ66426周目1分20秒674
10フェルナンド・アロンソルノー65220周目1分21秒422
11小林可夢偉トヨタ671.530周目 
12ハイメ・アルグエルスアリトロ・ロッソ671.530周目 
13ロマン・グロージャンルノー677.233周目 
14ジェンソン・バトンブラウンGP67231周目 
15ヴィタントニオ・リウッツィフォース・インディア68035周目 
16セバスチャン・ベッテルレッドブル683.537周目 
17ヘイキ・コバライネンマクラーレン656.523周目 
18ルイス・ハミルトンマクラーレン66125周目 
19ニック・ハイドフェルドBMWザウバー650.319周目 
20ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ683.537周目 


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1ブラジルGP